「私のことわかってくれてる!」とお客様に喜んでもらうには

著者 :
  • あさ出版
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860631994

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • データベースの構築と利用方法に重きがある本。
    データの集め方とか利用方法については少し乏しい。
    これから仕組みを作りたい方は、作成方法としてはヒントがあります。

  • 小さな会社のための顧客データベースの作り方&活かし方が
    書かれた本です。

    確かに大切なお客さまのデータ管理って大切ですよね。

    購買履歴だったり、購買商品であったり。

    それらのお客さまの情報をいかにシステマチックに管理できるか
    そこにフォーカスした本です。

    小さいな会社の社員が情報を共有するということはとても大事だと思います。
    それがお客さまへのサービスに繋がると思います。

    ただ、思ったこと。

    あまりシステマチックになるのはどうか??って疑問が僕にはあります。

    僕の商売は人間関係の上に成り立っていると思ってます。
    だから、あまりルールに従ったアプローチをするよりも、その時々の
    自分の感情ってことも大切にしてきたいと思います。

    この本のタイトル
    ”私のことわかってくれてるとお客さまに喜ばれるには”

    このタイトルは商いの真髄だと思います。

    やはりお客さまは自分のことをわかってくれることを
    嬉しく思いますしね。

    実際、僕もそうですから・・。




  • 顧客との良好な関係を構築するポイント<BR>
    1 その顧客の必要としているもの、または欲求を知る<BR>
    2 必要としているもの、または欲求に合致した情報提供や提案を行う

  • データベースマーケティング。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする