新15分スケッチ練習帖【基礎ドリル編】

著者 :
  • あさ出版
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860632663

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「毎日15分のレッスンで絵が上達する」という触れ込みの、スケッチの練習帳である。
    自分は絵心は全くないが、「もしかしたら隠れた才能があるかも?」くらいの軽い気持ちでやってみた。

    結論から言うと、絵の上手さはほとんど変わらなかった。
    そんな簡単に上達するようなもんじゃない。当たり前だ。
    強いて言えば、少し線を引くのが綺麗になったか……というくらいだ。

    ただ、ヘタなりに課題をやり続けた中で、いくつかの「心得」は感じることができた。

    ・まずは観察。全ての線に意味がある
    ・下書きは大切。
    ・絵は感性よりも、まず技術。
     ・線をまっすぐ引けるようになるだけでも練習が必要

    ようするに、「絵を描くのは難しい」ということだ。
    これをほんの僅かでも実感出来ただけでも、やった価値はあるだろう。


    本書では全ての課題に下絵があり、まずはなぞるところから始める。
    誰でも手軽に絵を描く楽しさを味わえるはずだ。

    自分の世界に没頭して何かを仕上げる時間は、苦労するのと同時に、楽しくもある。
    もし少しでも興味を持ったら、ぜひ手にとってみてほしい。

  • 時々スケッチしてみたくなるのですが、なかなか上手く描けないので基本的なことを勉強してみようかな?ということで。。。

  • 2009年4月1日購入

  • なんか…本当に…描ける気が…してきた!(歓喜)
    スケッチってたのしー! うわーい!

    なんかあんまり誉めすぎると通販番組みたいになるのでやめとく。とりあえず私にとっては相性が良かった。
    絵を描いてる間は無心になれて良いです。

  • ゼロからの出直し

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1951年、岐阜県生まれ。丹下健三・大谷幸夫に設計理論を、川上秀光に計画理論を
学ぶ。1974年、東京大学工学部都市工学科卒。科学万博(1985年開催)の会場設計を担当後、独立。東京臨海副都心開発、横浜みなとみらい21の開発構想案づくりなどに参画。首都機能移転問題では国や移転候補先の県の委員を務める。日本建築学会情報システム技術本委員会委員や慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究准教授、大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 核融合科学研究所客員教授を歴任。速描スケッチの第一人者。現在、東急セミナーBE、NHK文化センターなど、20以上の講座でスケッチや絵画を指導し人気講座となっている。

「2017年 『世界遺産法隆寺から学ぶ すみずみまで楽しむ 寺院の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新15分スケッチ練習帖【基礎ドリル編】のその他の作品

新15分スケッチ練習帖【応用ドリル編】 単行本(ソフトカバー) 新15分スケッチ練習帖【応用ドリル編】 山田雅夫

山田雅夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
J・モーティマー...
A. ルーミス
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジャック・ハム
有効な右矢印 無効な右矢印

新15分スケッチ練習帖【基礎ドリル編】を本棚に登録しているひと

ツイートする