ブランドづくりの教科書

著者 :
  • あさ出版
3.50
  • (2)
  • (9)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 64
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860633189

作品紹介・あらすじ

なぜリッツ・カールトンは2年でブランドになったのか?元支配人、『リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと』著者が教える、"特別な"会社&自分の創り方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リッツ・カールトン大阪の支配人を勤めた著者のブランド構築に関する一冊。

    会社と個人に関してのブランド作りの方法を日本に進出して2年で確固たるブランドを作ったリッツ・カールトン大阪をモデルとして書かれています。

    読んでみてお客様に感動を与える圧倒的なサービスを提供することや個人だと専門性、会社であれば本書のなかに出てくるクレドや個人だと信念が指針となってブランドを構築する要因になると感じました。
    またそれを維持することの大切さも同時に理解できました。

    会社、個人どちらにしても大切なのはブランドは他者の評価によって決まるということ。なので専門性やサービス以前に他者に対するコミュニケーションや思いというのは非常に大切になると感じました。

    様々な価値観や物やサービスが過多になる現代でブランドを構築して他者との差別化をはかることの大切さとその方法が理解できましたが、人脈や書式の出版など自分とは程遠い話もあったので今から実践するというのは難しいですが、今後の参考になる一冊でした。

  • ・ブランドイメージは、提供する側が決めるものではなく、提供される側が決めるもの
    ・自社や自店のサービスをブランド化すること
    ・サービスには三つの段階がある。好感を与えるレベル、満足を与えるレベル、感動を与えるレベル
    ・好感を与えるレベルは、基本マナーを守ること。お客様に不愉快な思いをさせないための最低限のサービス。マニュアル通りの対応。
    ・満足を与えるレベルは、お客様と十分にコミュニケーションをとり、それを満たしていこうというサービス
    ・自分ブランドが大切。他の人と差別化する価値
    ・コミニケーションの基本は、基本的なマナーとエチケット身につけること。服装、身だしなみ、言葉遣い、立ち振る舞い、発声、挨拶表情
    ・コミュニケーションの第2段階は、相手のして欲しいと思っていることをしてあげる、気配り。
    ・気配り上手のためには、褒め上手聞き上手になり、相手と信頼関係を築くこと
    ・コミニケーションの第三段階は、心配り。気配りは相手に関心を持つこと、心配りは相手に愛情を持つこと
    ・正しい方法を知り、高い意識を身につけるには、一流といわれるものに数多く触れること
    ・人を引き上げてくれるのは人でしかない。そのためによい人脈を作る。
    ・人間関係を構築するための基本はコミニュケーション。その中でも特に挨拶が大切

  • 「自分ブランドを作る」の章が
    参考になりました。

    リッツカールトン大阪、泊まってみたい!

  • 38p 52p 先読みする

    コミュニケーション能力の上に専門性がある。

    134p
    148p一流のもの、一流のひとに接する

  • リッツカールトンの感動のサービスのエピソードがたまらない!

  • 会社ブランドと自分ブランドの創り方。

  • 広告ではない。でも自分ブランドについて書いてある
    買って持ってるよ

  • ブランドとは サービスの質である。
    神秘的 パーソナル Noをいわない 仕事の範囲を超えている そこまでやるか
    それに 心を乗せることで生まれる。

    自分ブランド
     コミュニケーション能力を磨く(褒めること 聞き上手)
     マニュアル→気配り(心を読む)→心配り(愛情をもつ)
     専門性を磨く
     高い意識で正しい方法を繰り返す
     本物に触れる(正しい方法を学ぶ→真似る)
     他分野の一流に触れる
     
     出会いを大切にする(挨拶 名刺 お礼状)

  • リッツ・カールトンのサービスがどこがどうすごくて、
    なんですごいのかっていう話。サービスをブランドにしろ!だって。
    あとは自分をいかにブランド化するかとか。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1945年、熊本県生まれ。藤田観光株式会社太閤園販売促進支配人、関西地区顧客担当部長を経て、ザ・リッツ・カールトン大阪入社。営業統括支配人を務める。2002年同社を退社以後、京都全日空ホテル社長兼総支配人、彦根キャッスルホテル取締役社長兼総支配人を歴任。現在、株式会社HAYASHIDA-CS総研代表取締役、タラサ志摩スパ&リゾート株式会社取締役会長兼総支配人。著書に『リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと』『ホスピタリティの教科書』(あさ出版)、『伝説のホテルマンが語る「一流の仕事」ができる50の言葉』(イースト・プレス)、『人生は「挨拶の3秒」で変わる』(海流社)など多数。年間に300回以上の講演を行っている。

「2008年 『人生を成功に導く人脈術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブランドづくりの教科書のその他の作品

林田正光の作品

ブランドづくりの教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする