デキる女は仕上げがうまい

著者 :
  • あさ出版
3.75
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860633868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕上げについて知りたくて読書。

    女性向けに書かれた本。社会人、30から40代向けをイメージして書かれていると感じる。

    自分自身のルールに無意識に縛られている。
    自分をいたわる、もてなす、大切にする。
    上手にねだる、周りへ頼る。
    これらが氣づき。今の自分に必要な要素。

    もっと謙虚に年齢や国籍、職業を問わず常に学ばせてもらい可愛げがある人間でありたいと思う。

    読書時間:約40分

  • 一生懸命頑張りまくっている女性
    完璧主義な方に読んでもらいたい♪
    何にこだわりを持つかで大きな結果の差になる♪ヽ(´▽`)/

  • ほめるときのポイント

    ・持ち物や容姿よりも雰囲気やその人自身をほめる
    ・大勢の前で一人の人をほめない
    ・単純な言葉でさらりとほめる
    ・愛情、愛嬌、愛想でほめる

    おねだり上手は交渉上手

    本当に必要なものを必要なだけ身に着ける

    自分にとって社会にとってやりたいことをする

    シンプル、空気、情熱、余裕

  • デキる人は手を抜かない人ではなく、手を抜く効用がわかる人。周囲を思いやり、和やかにするスペースを持っている人。ちかごろ不健全に頑張りすぎていたかもしれない、と気付かされた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1958年、東京生まれ。経営者、ビジネス作家、講演家、エッセイスト。33歳で結婚後、病身の夫に代わり経営者となる。独自の発想法と行動力でヒット商品を次々に開発し、通販業界で成功。多額の負債を抱えていた会社を優良企業へと導く。その手法がさまざまなメディアで紹介され、テレビ番組「マネーの虎」(日本テレビ系)にも出演。理学博士号、MBA、行政書士、宅地建物取扱士などを次々と短期取得したことでも知られ、知識の広さにも定評がある。熱海市観光宣伝大使。
著書は『たった3行!心を添える一筆せん。』(現代書林)、『今日からできる最高の話し方』(PHP文庫)、『ケタ違いに稼ぐ人はなぜ、「すぐやらない」のか?』(青春出版社)など多数。

「2018年 『人を「その一瞬」で見抜く方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

臼井由妃の作品

ツイートする