書くだけで奇跡が起こる 魔法の手紙

著者 :
  • あさ出版
3.56
  • (5)
  • (10)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860633950

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 書くだけでは残念ながら奇跡は起こらない。 その文章を自分自身の心と通じ合い、そのままを素直に書くことで意識レベルが通じ合う。

  • 筆まめさんに高感度大な本。当たり前のことから、一味違った面白いお手紙を書くヒントが散らばっています。すいすい読めるのも時間の無い方へは嬉しい点。

  • ややスピリチュアル?
    //破棄

  • 書く:実現度をあげる

    「幻想」(実現率0%)
    「夢」(10%)
    「目標」(50%)
    「予定」(100%)

    黄金律=書いたことを自分であとで受け取る
    自分のなげたものが、自分が受け取るもの

    書く(火久) エネルギーを固定化する
    意識的に書く
    ・エネルギーの純度を高める(本心、誠実)
    ・ベクトル(思い、話し、行動)の統一

    ありがとう、ではじめる

    一番伝えたいことは何かを考える
    丁寧に書く
    敬意と感謝を込める

    文章を音読する、ひっかかりをなくす

    「内なる自分との対話」「かわす交換日記」
    自分で作ったカードを引いて、メッセージを毎日手帳に書き写す

    イチローの作文
    1言い切り、宣言型であり
    2最初と最後の結論が同じ、ブーメラン型文法 結論(ビジョン)→ビジョンをかなえる方法→結論
    3噴水型ビジョン:自分のためだけにとどまらない

  • ちょっとスピリチュアルな視点から見た、「書くこと」についての本。
    文章の書き方指南書というよりは、その前段階の心構えや気持ちの部分についてに重きを置かれている。
    (書き方ハウツー本は巷に沢山ありますしね…)
    横書きが“人とのつながり”縦書きが“神とのつながり”という話に、すごく納得する。
    書くことは自己表現であり、自己実現への一歩であり、自己との対話であり、自省は宇宙との繋がりとなる。

    私は書くことは元々好きなので、この本を読んでちょっと意識を変えたら、もっと素敵な文章が書ける(*^-^*)

  • 「自分に対する問い」と「相手に対する問い」の違いは
    自分の内側とつながることで相手との関係性がより明確になること。
    変化も必要なものでありその時のベストな答え。

    に対して「相手に~」は相手への責め・裁き・コントロール・文句
    ・泣き言・愚痴・不平不満がほとんど。
    自分の正しさの証明だったりもして責められることが最も傷つけ
    距離を作ってしまう。

    「問い」という名のネガティブ・エネルギーではなく、相手に
    寄り添うための、「共感・共鳴」のポジティブ・エネルギーが必要。


    「相手に伝わったことが=あなたの伝えたこと」では、
    書いたものを相手がどう解釈するかは、相手にゆだねるしかない。
    「伝えた(つもりの)こと」が、相手に「伝わったこと」ではない。

    「誤解された!ひどい!」と思う前rに、自分の伝え方に不親切な
    言い方はなかったか、誤解をさせるような表現やエネルギーは
    なかったか、振り返ってみよう。
    自分の書いたものには、最後までじぶんで責任を持つ。


    2つに共通しているのは相手に結果を求めるのではなく
    自分に責任を置くことで人との関係はいい距離感を持てる
    ということのような気がした。

  • 20110517
    魔法の手紙の書き方の詳細が書いてあると思ったが、多少違っていた。
    でも、どうやって書けばいいかは教えてもらえた。
    魔法に限らず、普通の文章にも使える(常識として)。
    ただ、見出しで1ページ使うのはもったいない。
    それを凝縮したら値段を抑えられた?
    私が求めていた手紙の答えは見つからなかったので、読み直す。

    20120222
    先回読んだ時と同じ感想だ。
    どういう風に書いたらいいのか、例をあげてほしい。
    でも、得るものもあった。

  • 読了。
    スピリチュアルの観点からすれは「紙に書く」=「神に宣言する」ことだという。脳科学者の茂木健一郎さんは「脳にやる気にさせるたった一つの習慣」として「書くこと」を挙げていた。相反すると思われる分野の視点の一致が興味深い。(これだから読書はやめられない)

  • 『書く』ことをスピリチュアルな視点で考察・解説する一冊。文章力についてのレッスンも。<人生を創造する三種の神器は、想い・言葉・行動。書くことは、言葉と行動をつなぐもの。> <書くことは言葉と現象をつなぐ懸け橋> 自分に宛てて、大切な人に宛てて、目に見えないもっと大きなものに宛てて、魔法の手紙の書き方を具体的に指南している。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年兵庫県生まれ。関西学院大学・経済学部卒。大手百貨店で販売促進業務を担当後に独立。現在は経営コンサルタント業と並行し、占い・スピリチュアル・自己啓発の分野を中心に執筆活動中。ベストセラー多数。

「2018年 『すごい片づけ 9つの極意』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はづき虹映の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
三浦 しをん
やました ひでこ
ロンダ・バーン
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

書くだけで奇跡が起こる 魔法の手紙を本棚に登録しているひと

ツイートする
×