いつも忙しい 時間貧乏をやめる7つの方法

著者 :
  • あさ出版
3.30
  • (3)
  • (14)
  • (21)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 152
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860634933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【No.221】「とにかく人とタイミングをずらすこと。これが時間を生み出すための重要な原則」「時間がないからできないという人は、時間があったとしてもやらない」「人と付き合うときには、”誰と付き合うか”ではなく、”誰と付き合わないか”を考えるべき」「自分にとって価値のある人とだけ、心を許して深く付き合う方が、時間的な損失の少ない交流ができるはず」「行きたくもないイベントに参加するというのは、時間の有効活用という面だけでなく、精神的・金銭的にも大きなマイナス」「みんなが行っているから何となく行く、みんながやっているから何となくやる、やらないと不安だから何となくやる、という行動は、本当に時間を費やすだけの価値(効果)があるのか疑ってみること」「フェイスブックやブログは、本来長い時間をかけて行っていた人間関係の構築を、人ではなくツールに代行してもらうことができる(しかも24時間無休)」「苦労している人には、人間としての幅がある。修羅場をくぐり抜けてきた人には、深い洞察力がある。深い悲しみを経験している人には、本当の優しさがある。失敗を経験した人には、謙虚な心が生まれる」

  • 時間を
    ずらす、前倒しする、分解する、楽しむ、捨てる、買う、俯瞰する
    ことで、時間を作ろうという提案。

    仕事の優先順位は、緊急かつ重大なものから、と思っていたが、細々としたものも多いため「後入れ先だし」で、後から入ってきたすぐに終わる細かなものを先にやってしまって、視界からなくして、頭がごちゃごちゃになるのを防げることが、とても参考になった。

  • 常に生きている時間の有効な使い方が書かれている。イラスト付きで書いてあるため、読みやすく頭にも残りやすかった。

  • 目から鱗が落ちることはなかった。すでに実践していることが結構あった。それでも時間がない。アイデアとしては持っているが実践できていない部分かな。

  • 2012年9月

  • 内藤忍さんの本全般に言えることですが,読みやすくわかりやすい.
    読みやすかったので,帰宅中の電車の中で読み終えられました.
    (通勤が若干遠距離なので1時間ちょい電車に乗ってます)

    ぜひとも時間の使い方はすこしずつでも「習慣化」していきたいものです.

    ブログで長々と書いてます.
    へむちの脳内本棚
    http://hemtsbookshelf.blogspot.jp/2012/07/blog-post_31.html

  • 「ズラす」「前倒しする」「分解する」「楽しくする」「捨てる」「買う」「俯瞰する」

    わかっているけどやっていないことが詰まった本。
    目新しい言葉は無かったけれど、「どうして忙しいんだ!!」って思った時に読めば背中を押してくれるかもしれない。

  • 時間貧乏をやめる方法
    ①ズラす ②前倒しにする ③分解する ④楽しむ ⑤捨てる ⑥買う  
    ⑦俯瞰する  の中で③分解するの「モチベーションがアップする仕事細分化術」で「大きな仕事を細かく分解することでハードルを下げる」とあったのは目標達成の方法でもよく言われていること。④の楽しむで「ミッションは自分で見つけ」「どんな仕事にもある。」とあり「誰かに喜んでもらえる価値を発見し、それをどうすれば多くの人に伝えられるかを考えれば、仕事は今よりもっと楽しくなる。そうなったとき、あなたの時間の価値は、確実に高まっラと言える」とあった。ミッションを探すのはなかなか難しいが、「人の為とまず考えること」がヒントになった。

  • 時間貧乏から抜け出す7つの方法が書かれた本です。入社5年目、リダークラスに読んで欲しい内容でした。私としては最後の方に書いてある「効率的な時間の使い方が出来るようになったらそれによって産まれた時間を、自分が本当にやりたいことの為に使う。」
    という部分が最も言いたいことのような気がします。その為には100項目のTo Doリストを作る事を進めています。時間貧乏から抜け出すために、今からやりたい事リストを作成したいと思います。

  • 時間を置いて読み直さなきゃ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院(スローン・スクール・オブ・マネジメント)修士課程卒(MBA)。大手信託銀行、外資系資産運用会社勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社代表取締役社長、株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長などを経て、株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長就任。一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事も務める。

「2018年 『絶対に損をしたくない人のための仮想通貨投資入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いつも忙しい 時間貧乏をやめる7つの方法のその他の作品

内藤忍の作品

いつも忙しい 時間貧乏をやめる7つの方法を本棚に登録しているひと

ツイートする