誰にでも伝わる 文章力のつくり方

著者 :
  • あさ出版
3.56
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860634988

作品紹介・あらすじ

伝わる文章には、「伝わる構造」と「伝わる表現」の2つが必要!今すぐ文章力がアップする、88のルールを全公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 例文が多く、見出しにしっかりとまとまっていて読みやすい。
    ちょっと読むのが億劫になりやすい題材だけど、3時間あれば読めるのでは

  • 書く目的はなにか? 何を伝えたいのか?

    それらをはっきりさせた上で、いわゆるカッコイイ文章ではなく、伝えたいことを分かりやすく伝えるために必要なルール、書き方のコツがとても分かりやすく紹介されています。


    いままでどれだけ下手くそな文章を自分は書いていたのか、という現実に反省しきりでした。しかし本書の内容をチェックリスト化すればすぐにでも今までよりも分かりやすい「伝わる文章」が書ける、と思えるぐらい具体的で分かりやすい内容でした。

  • 先日、同じような主旨の本を読んだばかりたったのであまり新味を感じられなかった。
    結論からのピラミッド構成は覚えておこう。

  • 文章力をつけたい人に読んでもらいたいっす。

  • 請求記号:816/Kog
    資料ID:50065640
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • この本は、ビジネスメールを書くにあったてたいへん参考になりました。
    私が文書力をチェックする為の本にピッタリでした。
    本が付箋だらけになってしまいました。。

    このレビュー文章が改善していることを、私は願います。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

こぐれ・たいち――作家。一般社団法人 教育コミュニケーション協会代表理事。1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。ビジネス書作家として著した書籍の発行部数は累計167万部に上る。大学の経済学部在学中に『資本論』をわかりやすく解説した本を執筆しロングセラーに。約9年間の会社員生活を経て、現代日本人の「幸せな働き方」を目指し、リアルな現場と経済学の両面から分析・提言する。フジテレビ「とくダネ!」、チバテレビ「りえ&たいちのカイシャを伝えるテレビ」、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書には、『今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]』(ダイヤモンド社)、『カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話』(サンマーク文庫) 、『超入門 資本論 』(日経ビジネス人文庫)など多数。

木暮太一の作品

誰にでも伝わる 文章力のつくり方を本棚に登録しているひと

ツイートする