1分で頭の中を片づける技術

著者 : 鈴木進介
  • あさ出版 (2011年12月15日発売)
3.11
  • (6)
  • (16)
  • (27)
  • (13)
  • (4)
  • 本棚登録 :259
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860634995

1分で頭の中を片づける技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 選択は2個づつのトーナメント戦にする。
    想定外には、直観、好き嫌い、全体の方向性、信頼尊敬できる特定の人のアドバイスを仰ぐこと、の順で優先して頭を整理し決める。
    箇条書き。ランダムリストアップ。一枚の紙、短く。そのあと互いの関係性、重要度を考える。
    読書ノート。気づき3つ。自分の行動3つ。
    交渉前に、相手に提示するメリット、絶対譲れない第1条件、代替案、最悪の条件の時どうするかを書き出して交渉。
    心の再生リストを作成する。落ち込むとき早めに眺める。
    うーん、3つじゃないですね。

  • ネット検索は10分以内。
    整理は1分。今やることか、YES/NO、トーナメント式で決める。悩むかどうかはマイルールを作っておく。

    印象に残ったのが、『結論がいつまでも出ないときは、頭では理屈はわかっているけど気持ちがついていかないとき。人は感情の生き物だから、気持ちがついてこないことはあとで後悔する。』というようなことが書かれていたこと。
    単純なハウツー本ではなく、感情のある生き物のために書かれている頭の整理本。この本の全体的に漂う抜け感(頑張りすぎなくていいんだよっていう)の元となる思想が見える象徴的な部分に感じた。

  • 頭をスッキリさせる=情報を入れ過ぎない、分類をする、図式化する。簡単言うとそう理解した。
    情報を収集する際のメソッドは自分でも役に立ちそうだと思った。

    気に入ったひとこと
    ・人はヤル気があると言うだけでは評価をしてくれません。あくまでも行動した人だけを評価します。
    ・頭の整理3か条
     1.相手からどう見られているかではなく、自分視点を持つ
    2.出来る事からやる
    3.考えるよりも感じる心を大事にする
    ・頭を整理するマイ基準
     価値を生む情報かどうか/価値を生まないと判断した情報は無駄なものと割り切る
    ・想定外の事態が発生した場合の頭を整理するルール
     1.直観に従う
     2.好きか嫌いかを重視する
     3.全体の方向性だけを考える
     4.信頼のおける人にアドバイスを仰ぐ
    ・結論を先に作ってから、情報収集する
    ・効率的な検索方法。タイトルだけを1分間チェックする→気になった情報を印刷または保存する→2めーじめをチェックする
    ・大事な部分はどこかを考えながら話を聞きキーワードだけをメモする(メモをする段階で頭が整理される)
    ・情報の整理するにはシンプルさの追求が大事
    ・時間がない時は結論ファースト、理由はその後
    ・会話の際に頭を整理する方法
     1.初めに全体像を伝える
     2.出来るだけ短い言葉にする
     3.結論を先に言う
     4.一言で伝える
    ・企画書に必要な2W1H
     Why:なぜその企画をしたのか(目的)
     What:何をやりたいのか(価値は?)
     How:どの様に実現するのか?(手段は?)
    ・ビジネスは平常心をもって、やりきることが前提、なのでモチベーションを下げないように気を付ける

  • 1分で頭の中を片づける技術 2011/12/15
    著:鈴木 進介

    何が今、最も大切なこと何かを常に突き詰め、的を絞った仕事を心掛ける。頭の中の不要なものを捨て去り、シンプル思考に徹する、いわゆる「引き算思考」で様々なことに取り組むことが重要である。

    本書の構成は以下の5章から成る。
    ①頭の中が散らかっている人は、人生で損している
    ②頭の中がスッキリする思考の整理術
    ③頭の中のムダを省く情報の整理術
    ④頭の回転を速くする会話の整理術
    ⑤頭の中のモヤモヤをとる心の整理術

    頭の中が散らかっているとたしかに良いことはひとつもない。気になって眠りが浅くなったり、ひとつの仕事に集中できなかったりと・・・。本書の良いところはそれを1分で解決しようとしているところ。もちろん1分では無理であり、都度1分を使い頭の中をきれいに整えていくというもの。

    すぐにはできない。全てはできない。しかし、自分にあった整理方法のいくつかは見つかるはず。それをひとつずつ取り入れることが大切。コンサルとして実践で活用している技法も多く納得性は高い。

  • 「インプットをやめてしまう」というのが響いた。

  • 2015年の12月再読。面談されて改善する意地で。

  • 目的を持ってインプット
    MY基準をもって情報・思考を整理する
    MY基準には好き嫌い・感覚など、直感的なものを含む

  • 【ビジネス寄り】
    片づけ本の研究として読了。
    執筆中に震災がおき、筆者様自身も頭がパニックになってしまったとのこと、大変だったと思います。前〜中盤はビジネスむけ、後半は、ポイントの次に有名人の格言なスタイル。実行すること自体にボリュームがあったので、"1分で"にもう少しこだわって欲しかったのが所感です。勉強になりました。

  • 作業の無駄を少し省けました。

  • 主にビジネス使用の頭の中の片付け本です。

全30件中 1 - 10件を表示

1分で頭の中を片づける技術のその他の作品

鈴木進介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
阿部 紘久
トルステン・ハー...
有効な右矢印 無効な右矢印

1分で頭の中を片づける技術を本棚に登録しているひと

ツイートする