部下の力を引き出す 10人までの人使い

著者 :
  • あさ出版
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860635213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そんなに期待せず買ったのだけど、実務としてリーダーがやるべきことがしっかりまとまっていて参考になった。

  • 著者は人事コンサルタント、社会保険労務士、中小企業診断士。管理者教育等の企業内教育のほか、若い人たちの夢実現の支援にも情熱を注いでいる。

    著書に「企業風土改革マニュアル」「経営者のための成果主義改革の正しい進め方」等多数。

    「部下をどう使ったらいいのか?」
    「部下にもっとやる気を出させるにはどうすればよいのか?」
    「管理者としての自分のあり方はこれでよいのか?」
    何年もリーダーを務めている人でさえそう考えており、初めて管理者になったり、数名で会社を立ち上げて社長に
    なったりした人であれば人使いで悩むのは当然ともいえる。

    本書は、基本的に企業内で「10人以下の部下を抱える管理職」を対象に記されている。

    構成は以下の5章から成る。
    ①リーダーの役割とは何か
    ②リーダーの仕事はこう進める
    ③部下をやる気にさせる方法
    ④10人以下の部下を持つリーダーの心構え
    ⑤FFS理論で最強のチームをつくる

    100人であろうが10人であろうが5人であろうが根本的にリーダーとして求められる管理すべき項目については共通する点は多い。

    本書はその項目を10人までに若干限定して分解して明瞭に説明されている。

    知識やフレームワーク的な話も出てくるもののしっかりと気持ちや心・やる気と言った要素も取り入れており、納得性も高かった。

    春のこの季節。
    色々な変化に本書を活用していこうと思う。

  • 部下を抱えるようになって初めて読んだリーダー論の本。初めて読む分には基本的なことが書かれていて良いと思う。タイトルと内容があっている。

全3件中 1 - 3件を表示

堀之内克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする