100億円稼ぐ人の思考法

著者 :
  • あさ出版
3.55
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860636029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やる気が出る本。自分もひょっとしたらできるんじゃないか? と勘違いしそうになる。最後の章「自分は変わらない」に考えさせられた。到達した人が言える台詞だなぁと思う。

  • NLPに基づく考え方の紹介

    無意識に刷り込む為、夢に名前を付け、呼び続ける。

    困難はひと回り大きな自分が受け止めてくれる。

    お金を受け止める秘訣は稼いだらどの様に使うか考えておくこと。用意周到な準備。

    夢を実現させる正しい考え方は、夢と今の現実を見つめ、今の事実で何が出来るか考えること。

  • 夢に名前をつける

  • 達成マインドについて、結構具体的に書かれていた。
    成功する人には必ず共通のマインドがある。

    それは、究極にポジティブだということ。

    困難が目の前にあっても、それを困難と感じず、むしろチャンス、ラッキーに置き換えられてしますマインド。


    まさに成功マインドはそういうものなんだと思う。

    そうすれば、世の中から「憂鬱なもの」「困難なもの」は排除されるわけで、、
    絶対そのほうが人生楽しいもんな!
    成功している人って人生を楽しめてる

  • チェック項目10箇所。私が100億円を稼ぎ出した秘訣は、たった一つ、脳を喜ばせること、これだけです、本書では、脳を喜ばせるために必要な方法を「スキル」「マインド」「センス」に分けて説明し、私が実践してきたことをお伝えしていきます。人は、大切なものに必ず名前をつけるものなのです、あなたのかなえたい夢というのは、一生涯かけてもかなえたい、かけがえのないものであるはずです、言わば、あなたの一部、そんな「あなたの一部」にまでなっている夢に、名前がないのはおかしいと思いませんか? 罪を犯した人は刑務所で囚人となり、名前を奪われて、番号で呼ばれます、罪を犯した人への最初の罰は「名前を奪うこと」なのです。人の前を気にすることなく、いつどんな場所でも夢の名前を言うことができれば、あなたの夢は「本気の夢」であると言えます、まずは、リズムをつけて「夢の名前」を呼び続けましょう。「明日の大事な講演会では、何を話したらいいんだろうか?」と尋ねたところ、コーチは、「大統領、質問が違います。『聴衆にどうなってほしいのか?』が正しい質問です」と返されたそうです、正しい質問をすることで、正しい答えが導かれます、答えが重要ではなく、「正しい質問」が重要なのです。私のおすすめは、「1日1クラゲ」、これは、読んで字のごとく「1日1回、クラゲのように脱力する」方法です、脱力状態をつくるために、ゆったりとした呼吸をしてください、息を吸って吐くとき、お腹はへこませない、お腹に力を入れない、首の力も抜いて、腕もだらんと下げたままゆらゆら揺れる、軽く目を閉じ、光が差し込んでいる透明な海の中を漂っていると思ってください、そう、このとき、あなたは「クラゲ」なのです、何も考えず、頭を空っぽにする、「ボーッ」という音が聞こえているくらいボーッとしましょう、ボーッとしているときにこそ、すばらしいアイデアが降ってくることがあるからです。世界のHONDAを一代で創業した本田宗一郎には、藤沢武夫という名参謀がしました、本田宗一郎が会計やら何やらの知識を身につけようと、大学に通いたいと言い出したとき、藤沢武夫は「そんなヒマがあるなら技術を磨け」といった内容のことを言い、戒めたそうです、要するに、「自分の得意分野に集中しろ」と言いたかったのです。他人に夢を語るときは、腹をくくっている必要があります、夢を語ったそのときには、誰に何を言われようと絶対にブレない覚悟がなければいけません、そして、リアルな青写真を描けるかどうかが、夢を語る上で重要なポイントになります。他人は簡単に「人の夢を否定する」のです、ですから、自分の中で確実に「夢を実現できる!」と確信を持ったときでなければ、決して夢を語ってはいけません。

  • 130614 日経広告 3面

全8件中 1 - 8件を表示

100億円稼ぐ人の思考法のその他の作品

稲積サナエの作品

100億円稼ぐ人の思考法を本棚に登録しているひと

ツイートする