GIANT KILLING チームを変えるリーダーの掟

著者 :
  • あさ出版
3.55
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860636432

作品紹介・あらすじ

最新の人事労務&キャリア研究から導き出されたリーダーに"今"必須のスキル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在社会を意識した上でのチームへのリーダーシップの取り方や考え方が勉強になった。ジャイアントキリングの原作マンガもよみたくなって。

  • ”リーダーシップ”では、人の心を動かす。そのため、他のリーダーシップ本の簡単な事例だと、「そんなに上手くはいかない」と感じることも多い。それは、人には個性があり、相手によって手法を変えないと上手くいかないからだろう。
    その点、本書は、「GIANT KILLING」というマンガを事例に取り上げており、一人ひとりの”人物”が細かく設定されている。その”人物”や”人物たち”に対するリーダーシップであるため、臨場感、納得感がある。
    そして、何より「GIANT KILLING」というマンガが面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

梅崎 修
法政大学キャリアデザイン学部准教授
1995年神奈川大学経済学部経済学研究科卒業、97年大阪大学経済学研究科博士前期課程修了(経済学修士)、2000年大阪大学経済学研究科博士後期課程修了(経済学博士)、同年政策研究大学院大学オーラル政策研究プロジェクト研究員、2003年法政大学キャリアデザイン学部専任講師、2007年より現職。

「2015年 『『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅崎修の作品

ツイートする