アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

著者 :
  • あさ出版
3.12
  • (4)
  • (16)
  • (32)
  • (14)
  • (1)
  • 本棚登録 :265
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860636838

作品紹介・あらすじ

欲求で脳が活性化する。コミュニケーション、感情、感覚…3つのジャンルの欲求を引き出し、脳の8つのエリアを刺激する41のトレーニングメニュー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1よりましかな?

  • 脳の働きを良くする具体的な方法が紹介されている本。
    脳は欲がなくなると急速に退化してしまうので、上手に欲を育てることが必要だと説いている。
    また、脳は習慣化したことを自動で行う習性があり、習慣化すると脳は刺激が少なくなるので、あえて慣れていないことをすることで脳を刺激するような方法も数多く紹介されている。
    例えば、大声を出す、というのも良いそう。大声を出すと、脳内の運動系の部分が刺激され、自分の声を聴いて聴覚系が刺激され、最後に自分の声に驚いて感情系が刺激されるようです。
    脳を生き生きとさせてい方や、ボケたくない方にオススメです。

  • 「なるほど、そうかも」と身に覚えがある部分がいろいろあって楽しめました。日常生活で気軽に取り入れられるトレーニングもあって、なかなか長く楽しめます。

  • 脳の強化書がおもしろかったから
    2も読んでみた
    脳は死ぬまで成長するんだって
    なんだかわくわくする!

  • 「妄想ノートをつくる」「別れ際に握手をする」「子どもの頃の思い出を絵に描いてみる」…。コミュニケーション・感情・感覚の3つのジャンルの欲求を引き出し、脳の8つのエリアを刺激する41のトレーニングメニューを紹介。

  • 20160306 脳の鍛え方に興味があって読んでみた。結局は好奇心を持ち続けられるかなのだと理解した。楽しくなにかをする事が脳を強化してくれるのは何となく理解できる。

  • 脳の強化書第2弾。今回は欲求について書かれてあります。

  • メンタリストDaiGoもオススメしている本。いかに脳を鍛えるかを欲求と交えながら、テクニックを紹介してくれる。

  • 生きる源になる力「欲求」について焦点を当てている。

    文体やイラストが親しみやすく読みやすい。

    本書で挙げられている欲求を活性化させるためのトレーニングは、普段の生活で何気なく試していたことがほとんど。
    他で聞いて試した物も多く、今更感が強い。
    既に鬱や厭世的になっている人には、浮力にならなそうと感じた。

    体を動かすことは効きそうだと思った。
    利き手と逆の手で豆移動、左右の腕をそれぞれ同時に逆回し。手軽だし試してみたい。

  • 第一弾の「脳の強化書」に続く第二弾。
    どんな内容なのかと思っていたら、「人間が人間らしく喰い続ける為には”欲求”が必要」、ということで、欲求を強化する為の脳科学的な視点とサンプル行動集。
    前作もそうだったが、「問題集」ではない。
    言い換えれば、「一度解いてしまったら使えない本」とは真逆だ(クイズ本の類が、これに相当するだろうか...)。
    自分の生活や嗜好に応じて、各章の趣旨を理解して応用し、続けていく事が要旨、なのかな。
    全部やるのは到底無理なので、自分で「重要かな、これが課題かな、これならやれそうかな」とイメージ出来たものから順に、毎週2つづつとかやるだけでも面白そう。
    中には生活習慣に根付くものも出て来るだろうし。

全28件中 1 - 10件を表示

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2のその他の作品

加藤俊徳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
デイル ドーテン
又吉 直樹
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2を本棚に登録しているひと

ツイートする