なんであの人ばっかり! どうせ自分なんて・・・ 「うらやましい」と思ったとき読む本

著者 :
  • あさ出版
3.26
  • (4)
  • (6)
  • (11)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 99
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860636852

作品紹介・あらすじ

つい他人と自分を比べ、ため息をついてしまうあなたへ。「今のままの自分を大好きになる」ための方法!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • No.779

  • 自分を高めるために”足し算”しても満たされない。それは、「足りない」と思っているから満たされない。自分が決めた基準である、親に影響された価値観、正しさ、常識、限界、劣等感、欠乏感、罪悪感、成功、結果、誰かからの期待、「スゴイ」と思われたい、「見返してやる」「役に立ちたい」という気持ちを削ぎ落としていく”引き算”をする。すると「誰からしく」から「自分らしく」に変わっていく。

    『自分を好きになるって、素晴らしい自分になることじゃない』ありのままの素材そのものを認めて赦して好きになる。

    誰かに対するネガティブな感情は、すべて自分に対する感情。
    「嫉妬」「悪口」「陰口」「いやみ」を言いたい気持ちが湧いた時、心の奥の奥の奥の底の底の底の一番底には、「自分のほうが素晴らしい(正しい)」という気持ちがある。それが「本音」。

    「本音」は、相手にぶつけるものではなく、「告白」するモノであり、「もらす」モノ。だから本音は相手を傷つけない。
    「それをされるとイヤだ」という”行動”ではなく、「なぜイヤなのか」という”理由”が本音。それに気付くことと伝えること。

    「目の前の出来事」は、「必要な経験」であり「絶妙のタイミング」であり「順番」であるということ。

    「いじめ」は「いけないこと」ではなく、「されるとつらいこと」。その「つらいこと」を体験したときに、「どうするか」が生きること。自然災害のようなものでなくならないし、避けられない。

    「がんばること≠努力や我慢をすること」
    ①勝手にあきらめない(すねない)
    ②勇気を出す(損する)
    ③自分を信じる(素晴らしさ)
    この3大がんばるが、本当の「がんばる」
    何かから逃げるためにがんばるのではなく、自分のタブーを壊すためにがんばる。
    ①認めてもらえない覚悟
    ②嫌われる覚悟
    ③損する覚悟
    ④「助けて」「手伝って」と言う覚悟

    「人の使命=自分が自由に豊かに楽しく生きること」
    「周りの人を幸せにするいちばん簡単な方法は、自分が幸せになること」で決して「人を助けることで自分を満たしてはいけない」。
    「人を助けたい」と気持ちは、自分の中の「かわいそうな人」と「悪者」を増やすだけ。
    「人の役に立つ」ことで幸せを得ようということは、「自分は役に立たない人間」という大前提になってしまう。
    自分が幸せに、「やりたいこと」をやり続ける。その「結果」として周りの人が幸せになる。

  • やっぱり自分は悪くなかったと気付かせてくれる本です。

  • ダメだから愛される。優劣は関係なく、あなただから愛される。
    今回の本は面白くて、すらすら読めた。
    自分よりもうまくできる人と比べて、自分はなんでできないんだろうと落ち込んでいる人に勇気をくれる本。

  • 2014.7月 市立図書館

    「本音」
    「それをされたら、○○って言われたような気がして、とても□□な気持ちがした」

    できない自分を責めなくていい。
    でも最初からできないと諦めない。
    「やって(やめて)みない」とわからない。

    がんばる方向をかえる。

    ・勝手にあきらめない。(すねない)
    ・勇気を出す。(損する)
    ・自分を信じる(素晴らしさ)

    頑張ること=我慢や努力をすることではない

  • 他人をうらやましいと思うことが何故いけないことなのか。
    それはうらやましさの正体が『「自信のなさ」や「自分を好きになれない」矛先を他人に向けて、勝手に嫉妬して、愚痴っぽくなり、すねている』ことだから。

    つまり自分を大切にして、大好きになることが重要だといっています。

    「はじめに」の部分で心をラクにするお手伝い、気づきを伝えるだけだと著者は書いていますが、そのとおり、読み終わった後は自分に自信がもてたり、背負っていた重荷がとれて心が軽くなれるような感じがします。


    「どうせ私なんか・・」と自分を卑下すると自分を好きになれない。自分を好きになれないと他人をうらやましがる、嫉妬してしまう。だから「自分を過小評価」せず、「自分は、今、幸せなんだ」と信じようと何度も伝えています。


    「あなたを苦しめたり責めたりするのも、あなた。」
    「だからあなたを救えるのはあなたしかいない」
    まさにそのとおりだと思います。

    具体的な方法論が書かれているわけではありませんが、
    文章自体が、前を、上を向かせてくれる言葉で書かれていますので、
    ちょっと落ち込んだとき、もやもやで心が重たくなったときに読み返したくなると思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム」の心理カウンセラー。19年間大手企業で働き、管理職まで務めたが、将来の展望が見えず退職。その後、自分や家族の問題がきっかけとなり、心理療法を学び始める。現在は、自身の会社勤めの経験も生かしながら、心理カウンセラーとしてセミナーやカウンセリングをおこなう。メールマガジン「たった一言!あなたの性格は変えられる!」は4万人を超える読者に支持され、公式ブログ「心が風に、なる」も月間1000万PVの人気ブログに。

「2018年 『強がらない。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なんであの人ばっかり! どうせ自分なんて・・・ 「うらやましい」と思ったとき読む本のその他の作品

心屋仁之助の作品

なんであの人ばっかり! どうせ自分なんて・・・ 「うらやましい」と思ったとき読む本を本棚に登録しているひと

ツイートする