頑張らない基礎英語

著者 :
  • あさ出版
3.29
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860637576

作品紹介・あらすじ

TOEIC満点をとれた日本人に最も合った学習法。本物の英語力をつける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 献本御礼

  • 先日読んだ西澤ロイさんの著書「英語を続ける技術」が有益だったので、物足りなさを感じた。ひとつひとつの事例の解説だったので、読みにくかった。to不定詞と動名詞の違いは勉強担った。

  • チェック項目6箇所。英語は本来「感じる」べきものです、子どもが身につけられるということは、人が生まれつき持っている7「感覚」で理解できるものなのです。お店での注文時には必ずpleaseを言おう:pleaseが言えないのは「お願いします」と言えないようなもの、マナーが悪い人という印象を与えてしまいますのでご注意下さい。canを「できる」という意味だと暗記するのではなく、ぜひもう少し正確に理解しておきましょう、canの本来の意味は「可能性がある」ことを表します、違う言い方をするなら「やろうと思えばできる」ということです。be able to を使う場合、スキルや怪我などが原因であり、状況ではないことを強調することになります(だからはロボットが「私には水泳機能はついていない」と言う場合はbe able toを使います)。willを使う場合には、例えば天気予報から伝え聞いたまま「今日は暑い」と言っているのかもしれません、willは、将来に関する予測や推測を伝えるのには最も一般的な言い方です。mustを使うと「有無を言わさず勉強しなければならない」わけですから、何か差し迫った状況があるのかもしれません、勉強をしないと怒られるのかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

西澤ロイ(にしざわ ろい)/「英語学習に悩む人のためのかかりつけ医」として、「英語の病因」の根本対策に取り組んでいる。企業研修、英語講座、学習相談、独自教材などを通じて、5,000人を超える英語学習者に劇的な効果を発揮。もともと全くしゃべれず、英検は面接のない4級止まり。しかしその後アメリカ留学を経て弱点を克服し、TOEIC 990点満点を取得。「本物の英語力があればTOEIC 対策はいらない」という信念のもと、問題研究ゼロでTOEIC 満点を連発。信念が確信に変わる。本書はその確信に基づく講義を、QRコードを用いた斬新な形式で提供。テクニックではなく真の英語力でTOEICが解けるようになる。著書に『頑張らない英語学習法』『頑張らない英文法』(あさ出版)、『英語を「続ける」技術』(かんき出版)ほか多数。著書累計10万部を突破し、更新中。

頑張らない基礎英語のその他の作品

頑張らない基礎英語 Kindle版 頑張らない基礎英語 西澤ロイ

西澤ロイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジェームス W....
辻村 深月
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする