いつだってマンガが人生の教科書だった

著者 :
  • あさ出版
2.88
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 58
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860637620

作品紹介・あらすじ

これから先、君に降りかかる難題を解くヒントはすべてマンガに描かれている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知らない漫画との巡り合いを求めて買った本。「あぁ、あったあったこんな漫画!」となる事が多かった。メジャー作品に片寄っている気もしなくもない。

  • 選ばれているマンガも ちょっとマンガ好きが選ぶのとは 毛色が違うかなアナニワ金誘道とか カイジとか ゴルゴ13が多いですね 辛口名言集です

  • 今週の病院暇つぶし図書館本。

  • マンガを読むことで大事なことはどう感じるかである。
    ラオウやサウザーのセリフの方がケンシロウやトキのセリフより人生の本質を衝いている。(まえがきより)

  • 2015 7 15
    8冊

  • ここに出てくる、
    わたしがまだ出会ったことのないマンガを
    読みたくなった

  • 漫画もいっぱい読む!!

  • タイトルを見ただけでテンションが上がって買ってしまいました。

    小説も絵本も漫画も素晴らしい作品は素晴らしい。

    最近もスラダンを再読しました。

    20年ぐらい前の作品なので現在のルールとは違います。

    だけど今の子が読んでも十分に面白いと思います。

    そして読後はバスケットをしたくなるのではないでしょうか。

    さて、この本で紹介されている作品を読んでみようかな。

    まだ自分が読んだことがない作品が多かったので、どのような内容なのか楽しみです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2018年 『人生を変える、お金の使い方。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いつだってマンガが人生の教科書だったのその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする