まんがで鍛える 脳の強化書 (Business ComicSeries)

  • あさ出版
3.56
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 75
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860638016

作品紹介・あらすじ

出版社に勤務する"能見はな"は、上司に怒られてばかりのさえない編集者。あるとき、帰宅途中の駅でひとりの男性と知り合う。「私の"実験台"になりますか…?」。その瞬間、はなの人生を変える脳トレが始まった-

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【感想】
    脳に関する、「眉唾もの」の極意。

    まず、絶望的なくらい絵がヘタすぎる。。。
    「漫画でわかる〜」関係の本は、頼むから最低限、絵のクオリティーだけは守ってほしいものだ。。。
    内容以前の問題。

    脳に関する書籍って、根本的に信用できない。
    医学的に証明されているかも不明だし、古今東西いろんな説がありすぎるので、もし証明されているとしても「それが正しい!」とは言えないから、根拠に乏しい。
    だから、どうしても斜に構えるか道楽として読んでしまうよね。
    脳番地って何やねん。

    下記トレーニングは、脳というよりメンタルトレーニングだなぁ。
    何一つ、実践する気が湧かないけども。

    これに関しては小一時間で読了しました。


    【引用】
    脳番地というものが存在する。
    ・思考系
    ・感情系
    ・伝達系
    ・理解系
    ・運動系
    ・聴覚系
    ・視覚系
    ・記憶系


    人の脳の中で高度な情報処理をするのが大脳。
    この大脳内で、少し前にあるのが前頭葉で、思考や創造、意欲のコントロールなどを担当している。


    p34
    思考系のトレーニング「制約を持たせる」
    ・毎朝その日の目標を20文字以内で立てること
    ・身近な人の長所を3つ考える
    ・後出しじゃんけんにわざと負ける


    p53
    感情系のトレーニング
    →感情をコントロールする脳組織
    ・周りの人にその日の印象を伝える
    ・色んな挑戦を繰り返す


    p72
    伝達系のトレーニング
    →伝える為のあらゆる行為をコントロールする脳組織
    ・相手の口癖を探す
    ・見知らぬ人にぶっつけ本番でコミュニケーションを取る
    ・創作料理を作る
    ・目標を誰かに話す


    p92
    理解系のトレーニング
    →得た情報を理解する時に働く脳組織
    ・他人を観察し、表情から心理を推察する
    ・自分に似た他人をまねる
    ・言葉の断片から「言わんとすること」を推測する


    p218
    食わず嫌いせず、チャレンジする!
    新しい事やトレーニングにどんどん挑戦するだけでも活性化される!

    逆に「慣れ」は脳の成長を阻む最大の要因となる。
    脳を成長させるには、日々新しい驚きを与え続けなければいけません!

  • とりあえず実践したくなったものをメモ

    思考系
    一日の目標を20文字以内で

    感情系
    嫉妬ではなくあこがれで接する

    伝達系
    相手の口癖を探しながら話を聞く

    理解系
    部屋の整理整頓や模様替えをする

    運動系
    階段を一段飛ばしで下りてみる

    聴覚系
    会議中の発言を速記する

    視覚系
    街ですれ違う人の背景を推測

    記憶系
    日曜日に翌週のシミュレーション

  • 読みやすくて、分かりやすかった。主婦って毎日脳を鍛えていることばかりだと思う、新しいことに挑戦したくなりました。

  • 脳の鍛え方についての本。
    不審者に思われたり、話している相手をイラつかせたりしそうな内容がいくつかあった気がする。
    でも、自分ももう少し脳を鍛えるような生活をしていこうと思った。

  • やることが多すぎてそこまで出来ないなぁ

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

新潟県生まれ。
医師/医学博士/脳科学者。株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。昭和大学客員教授。発達脳科学・脳機能生理学・MRI 脳画像診断・脳機能計測の専門家。小児科専門医。
テレビ出演多数。主な著書に「脳の強化書」シリーズなど。

「2018年 『定年後が楽しくなる脳習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まんがで鍛える 脳の強化書 (Business ComicSeries)のその他の作品

加藤俊徳の作品

ツイートする