ホームページで売上があがる会社、あがらない会社、何が違うか

著者 :
  • あさ出版
3.76
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860638054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Yotsuya

  • 分かりやすい。ホームページはお店。

  • ホームページはあくまで売り上げを上げるためのツールであり、大事なのは「商売の道理に立ち返る」ことだということをくりかえしくりかえし力説している。

    商売の道理とは

    1)誰に
    2)何を
    3)どう売るか

    を考えること。うん。基本であり、本質ですね。
    ここを踏まえたうえでのホームページ作成や営業戦略が大事なのだと説かれています。

    逆説的な見出しもよいし、初心者にも分かりやすい、何よりも小山昇の推薦文があればファンは必ず買うでしょう。

    特に終盤の著者自身の生い立ちからの件からが素晴らしく、これまで語ってきたことの信憑性がぐんと増します。

    テクニカルなハウツー本ではなく、WEB戦略の考え方の指南書です。

  • 2016/3/22
    webにもチカラを入れよう

  • 一気に読めた。最後の方の筆者のエピソードから本書の説得力が増している。

  • 商売の原則に立ち戻る
    誰に売るか(顧客を絞り込む)
    何を売るか(魅力的な商品が必要)
    どう売るか(売れている商品をさらに売る、売れてないものは切る)

    ミスターフュージョン 石嶋洋平

  • 自社の自慢が多いが、言っていることは間違ってないと思う。中小企業のウェブを制作するにあたって事前に読んでおくと、勘所がつかめると思う。本来はクライアント側の担当者や経営者に知ってもらいたい情報。

  • メルマガ『社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!!』で紹介されていた本。

全9件中 1 - 9件を表示

ホームページで売上があがる会社、あがらない会社、何が違うかのその他の作品

石嶋洋平の作品

ホームページで売上があがる会社、あがらない会社、何が違うかを本棚に登録しているひと

ツイートする