〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラム

著者 :
  • ベレ出版
3.80
  • (15)
  • (20)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 247
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860642129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ○「ネイティブの読み方を意識する」…この本を要約するとこれが原点にある。
     これを達成するためにも
     1:中学文法の復習・・・4・5冊ノーミスで参考書をできるように
     2:中学教科書での直読直解
     3:DUOの利用
     4:ペーパバックの直読直解
     5:高校文法参考書を読む・解く
     6:構文を身につける
     
     これらの項目を行うことを提唱している。

     また、単語は1秒以内に反応できるようにするというのにはとても共感が持てた。
     
     

  • ブログ:<a href="http://d.hatena.ne.jp/muranaga/20101123/p1" target="_blank">「目から鱗」のボキャビル術</a>

    同じ著者による中上級者向けの本の内容に衝撃を受けたので、こちらにも目を通してみた。ノート作り、カード作りといった時間のかかる作業をできるだけ行わないで、語彙増強するための具体的なやり方が書かれている。

    - リーディングは中学教科書の速読。
    - 語彙増強には中学向け英和辞典と電子辞書の活用。
    - リスニング・スピーキングでは『DUO』を暗唱できるくらいまでに徹底的に活用。
    - 中学高校の文法のマスター、問題集による復習。

    大学受験の時に繰り返しやった定評ある参考書、たとえば『英文解釈教室』とか『英文法頻出問題演習』などが紹介されている。粗製濫造気味のTOEIC対策本より、説明がしっかりしていて、信頼性も高いということだろう。

  • 禁欲的に頑張らなければ効率的には上達できませんね。モチベーションを保てます。

  • これを信じようと思う。結局、愚直に地道に努力することが最短ルート。

  • 著者の土屋雅稔氏は、20代はオートレーサーを目指しながらのフリーター。そのあと30歳で英語学習を初め、一年後に900点。今英語スクール主宰。
    感想。一番いいのは、著者も述べているけど「私の奮闘日記」タイプではないことだと。何をどういう順番で学習しなさい、その理由は此此です。そのためにはこの参考書を使いなさい、その理由は此此です。その参考書をこういうスケジュールでこんな使い方をしなさい。みたいなことが具体的に分かりやすく記載されている。
    本にも書いてありましたが、英語ができない人は、効率の良さを求めることを言い訳に、普段の努力を怠ってる人だと。効率悪くてもやりゃできると。耳が痛い。自分レベルには大変助かる内容でした。

  • 立ち読み:2011/1/27

    ネイティブスピードリーディングで、知らない単語を「スキップ」するコツを身につけると、リスニングで知らない単語が出てくると残りが全く聞こえなくなる人に効果的。
    理解度は低くて良いのでネイティブスピードをキープする。

    発音スクールに通うと効果的。日本人講師にすること。

  • 早く習得するために、身近なものすべてを外国語に切り替えてしまうのもいい手です。例えばGmailの言語を切り替えたり、オンラインゲームをしている場合は使用言語を外国語に設定してみたりするのもいいかもしれません。生活の中で自然に触れる形で外国語を勉強する手段は無限にありますが、肝心なのは自分がその内容に興味を持っているかどうかです。

    外国語の勉強の仕方に正解はないので、自分を信じて流れに身をまかせ、面白いことからやっていくと成果が上がりやすいです。勉強自体を最初からあきらめてしまわずに、外国語は身につけられるんだと気づくことが大切な第一歩です。

    短期間で言語を学習したければ、どうしたって外国語の学習に没頭しなければなりません。

    最後になりましたが、最低限できるようにしておきたいのが外国語の会話です。

    だんだん読み・書き・聴くことができるようになってきたら、ネイティブと直接会うことができるチャット・ルームなどへ行くのもおすすめです。日本では英会話教室がメジャーですが、その他にも大学のサークルなどいろいろ会話の場を探してみるのも、新たな出会いが会ったりして楽しいかも。

    しかしまず何よりも、外国語の学習が楽しく感じることが最優先です。外国語で会話をしたい人はどんどん出かければいいし、インターネットがどんな状況でも勉強できるようにしてくれるので、足かせとなるものは何もありません。

  • 努力しないと意味がないけど、まずは前半参考になる

  • 英語の勉強方に関する本。最近、評価が高いようなので読んでみた。そんなに新しい事は書いていなかった。

  • とにかく英語を効率的に勉強するための具体的な方法論がかかれている。ここの方法・アドバイスなどは著者の経験に基づき効果のあった方法が説明されているので説得力があると思います。
    ただ、いろいろな方法を提示しすぎて、この本に基づいて英語を勉強しようとすると圧倒されてしまうように思う。
    方法論自体をもっとシンプルにまとめたほうがいい。
    ただ、ここの具体的な勉強方法などについては、とても参考になるものだと思います。
    結局、自分にあった勉強方法というものは自分で見つけていかないといけないということですね。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県出身。千葉県で「エクセレンスイングリッシュスクール」を主宰している。主な著書に『TOEIC(R) TEST 英語勉強法 TARGET 600』、『TOEIC(R) TEST 英語勉強法 TARGET900』(以上、Jリサーチ出版)、『〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラム』(ベレ出版)などがある。TOEIC990点、英検1級、国連英検特A級合格。

「2017年 『はじめてでも600点がとれる! TOEIC(R)L&Rテスト 魔法の勉強法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラムのその他の作品

土屋雅稔の作品

〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラムを本棚に登録しているひと

ツイートする