一冊で読む 地球の歴史としくみ

著者 :
  • ベレ出版
4.17
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860642761

作品紹介・あらすじ

宇宙の中ではきわめて小さな存在でしかない地球上で、私たちは暮らしています。遡ること46億年前、私たちの地球はどのようにして誕生したのでしょうか。そして、どのような状態を経験し、現在はどのような活動をしているのでしょうか。「地球」の過去と現在をダイナミックに読み通す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元高校の先生の著書で、著者が主催しているHPをベースに書籍化されたとのこと。地球の構造や歴史がわかりやすく開設されており、最後の地球温暖化の章もとても客観的で好感が持てました。

  • 高校時代、地学を学習していなかったので、ふとした興味で読んでみました。
    理系でなくともわかるような平易な文章でわかりやすく書かれています。
    まさにタイトルの通り、一冊で地球の歴史をダイナミックに知ることができます。

  • 地球の成り立ちを、ここまでの歴史と現在の構造、動きという観点でまとめた本。わかりやすい。
    中高で地学を習った先生で、授業も面白かった記憶があるが、さらにわかりやすく書いてあるし、新しい知見もある。
    地球温暖化に関する一章があるが、地球の温度に対して放射エネルギーをプロットしたグラフの非単調性を見せられると、恐ろしくなる。

    http://www.s-yamaga.jp/nanimono/nanimono-hyoushi.htm
    のスナップショットを 2010/12 に発行したもので、2011 年の東北地方太平洋沖地震の記述はない。

  • 現役の地学の高校教師が、地球科学の各分野及び地球の歴史について、現在の学界の知見をまとめた書。続編である『地球について、まだわかっていないこと』と併せて読むと、地球科学の概要を俯瞰できるようになっているスグレモノ

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1949 年 新潟生まれ1968 年 東京都立立川高等学校卒業1973 年 名古屋大学理学部地球科学科卒業1973 年~2015 年 麻布中学校・高等学校教諭(理科・地学)●物理や化学みたいな分析的・個別還元主義的な自然の見方以外に、まず総合的・全体的に対象を捉える方法もあるということを伝えるのを目標に、中高一貫校で40 年以上、理科の“地学” を教える。教えた 生徒数は延べ人数で7000人~8000人くらい。●自分の備忘録を作ること、中高生に宇宙と地球と人類について何がわかってきたのかということを伝えるのを目標にホームページを公開している。http://www.s-yamaga.jp/●著書『君たちの地球はどうなっているのか そして、どうなっていくのか-かけがえのない地球-』(麻布文庫)、『一冊で読む 地球の歴史としくみ』、『地球について、まだわかっていないこと』(以上、ベレ出版

「2016年 『科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山賀進の作品

ツイートする