今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノート

著者 :
  • ベレ出版
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860642938

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どうしたら、「英語が上達できるようになりますか?」の質問と、
    「どうしたら、サッカーできますか?」の質問は、非常に似ています。

    つまり、「いったい、どれくらい上達したいの?」という問いに、
    しっかりとこたえなければなりません。

    英語学習もサッカーも、上達するには非常に「時間」がかかります。
    短期間でうまくなりたいなら、「一生懸命」に「効果があるであろうこと」を練習しなくてはいけません。

    この著作は、具体的にどうようにすれば英語が上達するのかが、
    分かり易く書かれています。

    語学学習は、読む、聞く、話す、書くという能力を向上させる必要があります。
    そのため、自分がやっている学習が、どの、何の能力を、開発、向上させるのか、
    知らなくてはいけません。

    また、語学学習がサッカーと違うのは、記憶するものが非常に多いということです。
    そして、その「記憶すること」は、自分が、なりたいレベルによって違います。

    P46でも、「なりたい自分像を書き出そう」ということで、
    学習における目標の重要性が書かれています。

    語学学習において、何を、どのように、どれぐらい勉強するかは、とても大事ですが、
    「なぜ学習をするのか」という動機と目的、そして、目標はもっと大事だからです。

    それは、学習がかなり長期間にわたるからです。
    学習のモチベーションを資格取得(TOEICやTOFEL)に置くのは良いと思いますが、
    これだけの動機では、学習を継続することはできません。
    どうしても、無報酬系のモチベーションが必要になります。

    著者が言うように、英語を使って、なりたい自分を描くことです。
    これは、非常に重要な点で、語学学習における核心だと思います。
    なりたい自分を描き、動機、目的を学習を通して明確にすることが、
    大事です。

    また、学習を前にそういったものがあるなら、半ば学習には成功しています。
    社会から与えられた価値観や他人からの押し付けでない学習動機は、
    学習を継続する上で最も大事なことです。

    その上で、この著作に書かれているノウハウ(とても誠実に書かれています)を、
    英語学習における手段として使うなら、
    かなり効果的だと思います。

  • 学習することの意義付けを行い、具体的な学習方法が提示されており、大変わかりやすかった。

    確かに筆者が最初に述べていたように当たり前のことも記述されていたが、改めて再認識し学習を続けていこうという気になった。

    今まで目をそらしていた、苦手項目の構文をやろうと思っている。
    (120726)

  • 具体的で分かりやすい。
    実行できるかどうか、後は自分次第。

全4件中 1 - 4件を表示

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノートのその他の作品

土屋雅稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ウォルター・アイ...
デイル ドーテン
マーク・ピーター...
鈴木 陽一
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノートはこんな本です

今度こそ必ずモノにする英語習得プランニングノートを本棚に登録しているひと

ツイートする