地図はどのようにして作られるのか

著者 : 山岡光治
  • ベレ出版 (2013年10月10日発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860643683

作品紹介・あらすじ

インターネットやスマートフォンが登場し、地図はますます身近で便利なものとなりました。しかし、その地図がどのようにして作られているかを知る人は少ないかもしれません。実はあらゆる地図の基となる地形図は、気の遠くなるような測量の積み重ねと編集作業を経て作られているのです。本書は国土地理院で地図作成に携わった著者が、地図の作られ方を中心に、その成り立ちや読み方、現代のデジタル地図まで、地図に関する事柄をまるごと解説した、まさに「地図の教科書」です!

地図はどのようにして作られるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書名通り、現代の地図はどのようにして作られるかを解説した本。

    地図記号や地球儀と地図の違い、三角測量網や写真測量の地図作り、地図から距離などを読み取ることなどを解説している。

    この手の本は案外少ないので、読み応えがあると思う。

  • 【選書者コメント】いつもなにげなく使っている地図はどのように作られているのか興味をもちました。
    [請求記号]4400:359

  • かなり読みこなしが難しいと思う。いい本だが、初心者向きではない。

  • 和図書 448/Y42
    資料ID 2013103347

全6件中 1 - 6件を表示

山岡光治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
佐々木 圭一
宮下 奈都
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

地図はどのようにして作られるのかはこんな本です

ツイートする