生きて動いている「化学」がわかる (BERET SCIENCE)

著者 :
  • ベレ出版
3.71
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860643775

作品紹介・あらすじ

化学は日本のお家芸といえます。ノーベル賞(日本人18名)のなかでも化学賞は最多の7名を数え、産業としても、化学工業は自動車と並び、世界のトップを走っています。「化学のチカラ」は日本にとって非常に重要なものであるにも関わらず、多くの人は化学の重要性や、しくみなどを理解しないまま社会人になっているようです。本書は、産業との関わりを意識しながら「化学の基本部分」をわかりやすく解説することで、化学のすごさ・楽しさを味わえる実践的な入門書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 星10点あげたいくらいです。めちゃくちゃ面白かったです。科学は高校の授業で落ちこぼれて以来、苦手の二文字でした。大学受験でも失敗し、苦手意識が全く消えないでいました。本書は、そういう読者でも理解できるように書かれており、しかも最近の知見や歴史などを踏まえた解説となっておりとても面白いものになっています。これを読めば、化学で点が取れるようになる、というものではないでしょうが、少なくとも化学が嫌いになるということはないと思われます。科学で使われる様々な概念がしっかり理解でき、納得がいく。とても素晴らしい本でした。

  • たしかに社会人の学び直しに適しているが、「確かな学び直し」を志すならば本書を読了後にもう少し詳しいテキストに挑む必要があるだろう。しかし、読んでおいて損はなく、文系出身の社会人には丁度良い化学への再導入本。

  • 教科書より一歩踏み込んだ理解のできる化学の本。
    分かり易く書こうとしてくれているのがよく分かる良い本。
    でも一度読んだだけでは頭に入って来なかった部分もあるので、もう一度読んで勉強しなおそうっと。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 430@S101@5
    Book ID : 80100462715

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002387338&CON_LNG=JPN&

全5件中 1 - 5件を表示

齋藤勝裕の作品

ツイートする