世界史劇場 フランス革命の激流

著者 :
  • ベレ出版
3.88
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860644291

作品紹介・あらすじ

まるで劇を観るような感覚で世界史を楽しく学べる好評シリーズ第7弾。フランス革命は「自由」「平等」「友愛」という現代の市民社会の土台となる原理が掲げられた代表的な市民革命です。この近現代に大きな影響を与えたフランス革命の実態を、豊富なイラストと臨場感あふれる解説で描いていきます。なぜフランス革命が起こったのか? そしてどのように展開していったのか? フランス革命前夜からジャコバン独裁を経て、テルミドール9日のクーデタまでをくわしく、ワクワクしながら一気に学ぶことができます。『ベルサイユのばら』で興味を持たれた方にもおススメの劇場型ノンフィクション!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界史の授業では必ず出てくる「フランス革命」、その実態は独裁・虐殺へとつながったことを流れに乗ってよく理解できる本でした。
    続きの「ナポレオン」時代が出版されることを期待します。

    <追記>
    著者の神野正史先生から、「すでに出ています」とtwitterでいただきました。大変失礼いたしました。

  • フランス革命は、王政⇨共和制⇨帝政と振り幅が大きく、時代の主役も王、貴族、ブルジョワ、平民、ブルジョワ、皇帝とめまぐるしく変わります。革命の最中にも、周辺国と数次にわたって戦争するなど、場面展開の激しいカオスな印象でした。本書は、読者を振り回すことなく、一筋の核心的な流れを示してくれます。フランス革命を学ぶなら、初めに読んでおきたい入門書でした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

河合塾世界史講師。世界史ドットコム主宰。学びエイド鉄人講師。ネットゼミ世界史編集顧問。ブロードバンド予備校世界史講師。歴史エヴァンジェリスト。1965 年、名古屋生まれ。出産時、超難産だったため、分娩麻痺を発症、生まれつき右腕が動かない。剛柔流空手初段、日本拳法弐段。立命館大学文学部史学科卒。既存のどんな学習法よりも「たのしくて」「最小の努力で」「絶大な効果」のある学習法の開発を永年にわたって研究。そして開発された『神野式世界史教授法』は、毎年、受講生から「歴史が“ 見える” という感覚が開眼する!」と、絶賛と感動を巻き起こす。「歴史エヴァンジェリスト」として、TV 出演、講演、雑誌取材、ゲーム監修など、多彩にこなす。「世界史劇場」シリーズ( ベレ出版) をはじめとして、『最強の成功哲学書 世界史』(ダイヤモンド社)、『戦争と革命の世界史』(だいわ文庫)、『「覇権」で読み解けば世界史がわかる」(祥伝社)、『現代を読み解くための「世界史」講義』(日経BP 社)など、著書多数。

「2018年 『世界史劇場 侵蝕されるイスラーム世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神野正史の作品

ツイートする