植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)

著者 : 園池公毅
  • ベレ出版 (2016年4月22日発売)
4.29
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860644703

作品紹介・あらすじ

「タンポポ」のように茎が短く地面を這うように生えるもの。
「玉サボテン」のようにトゲがあり球体のもの。
水草である「キクモ」のように水中と水上で葉の形が異なるもの。
植物と一口に言っても、さまざまな形のものがあります。葉や花はもちろん、茎や幹、根、果実、種子、花粉、細胞など、その形は千差万別です。これらは植物が生きてきたなかで手に入れた形なのです。本書は、形から植物の生きるメカニズムを探り、ほかの生物との関係性や進化についても考えます。

植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 普遍性と多様性の2つの点から植物の各部位について考えるとその役割が浮かび上がってくる事に感心。所々にある❇︎や注等を駆使した飽きのこない構成で楽しめた。

  • 非常に面白く、かつ考えさせられる内容だった。
    というのは、筆者が考えることを大切にした本構成で、わざわざ考えるタイミングのマークまでついているからである。
    分子機構などの非常に細かいことについて知りたい人には物足りないかもしれないが、植物について興味がちょっとあって形の意味を知りたいと思っている人には新しい視点を与えてくれる本だと思う。
    私自身なるほどーと思ったし、実験してみたいと思う題材が幾つかあった。

  • この作者が魅力的で引き込まれる。文章にこの人らしさがほのぼのと現れていて読みやすかった。

  • 推薦者 バイオ環境化学科の教員

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50107125&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 2回生になって専門科目が増え、植物形態分類学や植物生態学などを学び、より深く植物について知りたくなった。

    生命環境科学域 2年生

  • 「植物にこそ環境多様性の秘密がある」という著者の考えに添い,植物の形の背後にある意味やその形を決める要因について,丁寧に考えていくことができます。植物の世界にじっくり入り込んでみてください。

全6件中 1 - 6件を表示

園池公毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル・L....
リチャード・ドー...
スティーヴン ワ...
トマ・ピケティ
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印

植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)はこんな本です

植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)を本棚に登録しているひと

ツイートする