プロフェッショナルとは何か―若き建築家のために

著者 :
  • 王国社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860730581

作品紹介・あらすじ

「作る仕事」はなぜこんなに面白いか。建築家歴50年の著者が、長持ちする秘訣を実践と歴史理解の両面から熱く伝授する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 香山壽夫氏による、若い建築家に向けた書。氏が色々なコラムに寄稿した文章をまとめたうえで書き下ろしの冒頭とあとがきを付している。

    内容は題の通りの「プロフェッショナルとは何か」ということ以外にも、建築の各要素の考察、建築にしかできない人間社会への働きかけの考察、読書指南など多岐にわたる。
    まとまりが一見ないようにも見えるが各章には共通して感じられる感覚と主張がある。

    筆者の主張やその裏づけを知ることができるほか、建築の各要素や歴史についての理解が深まる。
    観念的な話については、若くとも共感できる部分もあれば、年を経て再び読み直されるべきだと感じる部分もある。何度も読み返されるべき本であると同時に、建築の初学者は読んでおいたほうがいい本だとも思える。なんのために建築をするか?という自分の中の問いに答えられるようになる礎となるだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

建築家。東京大学名誉教授、聖学院大学教授。香山壽夫建築研究所所長。主な作品に「彩の国さいたま芸術劇場」「東京大学工学部1号館増建築」等。主な受賞に日本建築学会賞、村野藤吾建築賞、アメリカ劇場技術協会賞、日本芸術院賞等。

「2010年 『建築を愛する人の十二章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香山壽夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プロフェッショナルとは何か―若き建築家のためにを本棚に登録しているひと

ツイートする