「なぜか人の心に残る人」の共通点

著者 : 斎藤茂太
  • 新講社 (2004年2月発売)
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860810375

「なぜか人の心に残る人」の共通点の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/4/5

    「コミュニケーション能力」ってなにかな〜って考えたときに役立ちそう!

    ほめ上手な人ほど良い表情で生きている!

  • 「人の心に残る人」になるための話が、著者の観点で80項目あげられている本。

    どれも言い話なのだが、根拠が薄いように感じた。根拠よりも著者の思いが優先されていたからだと思う。

    全く関係ないが、文章の結びを「〜ぬ。」としている箇所が多々あり気になった。

  • 時代が違い過ぎる。
    年齢も性別も違うと言うことで、
    一般的な内容に改めて
    まぁ確かに、。ぐらいの共感。
    項目も多過ぎて、短い文を毎日読みたい人にはいいかもしれないけど
    引き込まれてどんどん読むって感じの本では無い。

  • わいわい楽しく話した人達よりも、
    言葉少なく目があっても
    すぐそらされる人の方が印象にのこっているのは
    なんでだろう?なんて思っている時に出会った本。
    口べたは魅力!

全4件中 1 - 4件を表示

斎藤茂太の作品

「なぜか人の心に残る人」の共通点はこんな本です

ツイートする