12歳からのマナー集―インターネット・ケータイ・電車内マナーから「なぜ殺してはいけないのか」まで

著者 :
  • 新講社
3.14
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860810535

作品紹介・あらすじ

「自分がされてイヤなことは人にしない」が基本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4-86081-053-8 186p 2004・9・1 1刷

  • 分け合って、ゆるしていきましょう。

  • 一言言う

    伝える人の顔を思い浮かべながらていねいに書く

    人の痛みを感じることは、マナーにとってとても大切なことです

    小さいトラブルは「分け合う」ことで解決することがある

    自分一人だけだったら、もっと注意するのに、
    周りの人がやっていると、つい判断を周りの人に任せてしまいがち

    考え方の違う人がいることを知る

    自分の気持ちを上手に伝えるためには、まず相手の気持ちを知ることが大切

    話したり、書いたりすれば相手はわかってくれると思い込むのは間違いです。
    大切なのはマナーを守って上手に自分の気持ちを伝える努力を続けること

    直接話すことと文字とでは、伝わり方が違うのだということに気づきましょう

    文字に複雑な感情を込めることはできません

    文章を書くときは、間違った字を使っていないか確かめるのがマナー

    書いた文章は、一度は相手の立場になって読み返してみる

    「自分が考えていること」を伝え、「相手の考えていること」を理解することが言葉の第一の役割

    言葉の乱れが心の乱れになり人生の乱れになる

    ルールの裏側にある理由にしっかりと目を向けること。そして気づけること

    勇気は、知っているだけでは役に立ちません。知って行うのがほんものの勇気です

    「正しいと思うことをやりとげる勇気」
    「間違ったと気づいたとき謝る勇気」

    一流の人は道具を大切にする

  • ティーンエイジ用なので1ページに1テーマであるため中ダレしにくくなっている。
    ネット、メールの話題が初めに載っているのは時世ならでは。
    ただ、個人的には第3章と第5章の『「人を殺す」ってどういうこと?』と「困った時は、こうしよう」の内容を娘に説明するための役に立てば、と思って読んだのだが、まず『「人を殺す」ってどういうこと?』については、人を殺さないことは自分を大切にすることだ、と自分を大切にすることがまず述べられているのに違和感を感じた。もちろんそれもあるのだが、相手を尊重し、命を大切にする、ということの後に述べてほしい内容だったと思う。だが、人を殺せば自分の一生もそこでメチャメチャになる、など人を殺せばどうなるか、というところまで突っ込んで書いてあるのはかなり現実的。
    気に入った箇所は、『世の中には「どうしても気が合わない人がいる」それを知ることが大切』と『「チャット」などで汚い言葉にむらがるのはハエと同じ。こんな場所からすぐに離れること』。
    その言葉・電話・歩く・乗るマナ-など多岐に渡っており、大人もできていないところがないか見直したいテーマもあり、娘がもう少し大きくなれば是非読ませたい内容である。

  • 【閲覧係より】
    マナーって何でしょうか?
    なぜマナーを守らないといけないのでしょうか?
    TPOに応じた具体的なふるまい方だけではなく”なぜ”そうするのかという考えかたを知ることができる一冊です。

    -------------------------------
    所在記号:385.9||TAA
    登録番号:20088804
    -------------------------------

  • 読ませない大人が周りに多数います。
    読む機会がもてて、本当によかった。

    笑顔はマナーです。
    不機嫌な顔は人を不愉快にします。

    ごもっとも!

  • 元小学校の校長先生の書いた、子どものためのマナー本。
    インターネット、携帯電話に始まり、友達や家族との付き合い、公共の場での立ち居振る舞いについて。そして、誰かを殺したいほど嫌いになったらどうすればいいのか…

    12才からとなっているけど、小学生でも十分理解できる内容。
    そして、大人も読んだ方が良い。
    自分の行いを振り返り、直すきっかけになるし、また、お子さんのいる方は、マナーを伝えるヒントになりそう。

    マナーとは、相手を不愉快にさせず、快適な人間関係を築き、賢く生きるための技術。
    お子さんのいるかたに、オススメです。

  • 浅い

  • 9歳ぐらいによませるべき。いいこと言ってる

全10件中 1 - 10件を表示

多湖輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
池井戸 潤
三浦 しをん
松下 幸之助
夏川 草介
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

12歳からのマナー集―インターネット・ケータイ・電車内マナーから「なぜ殺してはいけないのか」までを本棚に登録しているひと

ツイートする