「先のばしぐせ」はこうして直す

著者 :
  • 新講社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860810856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • できることを考えてスケジュールをたてる

    情報は使ってこそ。情報マニアにならない。

    情報収集は時間で区切る。ここまで。

    能動的になること

    人の目をきにしすぎると、大事な事に費やす時間がなくなる。
    誰の人生だ。

    自分の考えにこだわりすぎない。

    ほどほど主義

    みきり発車と独断専行

    10、20年先を見据えて生きる

  • 先延ばしにしない、すぐやる習慣を身につけるためには、どのようにして「憂うつだ」を「楽しい」にかえれるかだ。
    なぜ憂うつになってしまうのか、やりたくないのかの現因を探る必要がある。

    なにはともあれ、すぐにやる人の印象はとてもいい。
    だから先延ばしをすることは自分にとっても非常にマイナスであるし、損をしている。
    どんなときにも「すぐにやる」ことを実践して目の前の仕事を一件落着させてゆくことで、周りにいつ人たちの評価や見る目を変えることが出来る。


    すぐにやることって難しいし、めんどくさい、明日でいいやと思ってしまう自分がいたけどこの本を読んでちょっとずつ先延ばしにしないで取りかかり、時間を無駄にしないようにしていきたいと感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

精神科医、医学博士

斎藤茂太の作品

ツイートする