「自分の値段」をどう高めるか

著者 : 和田秀樹
  • 新講社 (2008年2月発売)
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860811969

「自分の値段」をどう高めるかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013/02/23

  • チェック項目18箇所。
    人間の値段も市場原理で決まる。需要があって供給の少ないところで
    力を発揮することが自分の価値を高める。自分の値段を高めたければ
    動くことが必要(転職というわけではない)。
    同じ能力も環境が変われば評価が変わる。
    好きな仕事を真っ先に引き受けること。行動することが値段を上げる。
    社内で積極的にライバルを作る。それをモチベーションにする。
    ネットワークを作ること、続けることが大きなビジネスチャンスを
    生むことがある。「商品を売るより自分を売れ。」
    「百万ドルの笑顔」、正直な反応が相手を心地よくさせる。
    信頼関係の構築が自分の価値を高める。
    大企業にはブランドがあるが、そこに入社した=自分のブランドではない。
    謝ること礼をいうことを意識する。
    とにかく動く。長所を尖らせる。
    自分の値段は一本調子に上がらないときがある。

全3件中 1 - 3件を表示

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「自分の値段」をどう高めるかはこんな本です

「自分の値段」をどう高めるかを本棚に登録しているひと

ツイートする