これだけ違う!日本人と驚きの中国人 (WIDE SHINSHO)

著者 :
  • 新講社
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860812263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ご存知、『島耕作』シリーズの著者:弘兼憲史氏による新書。当然の事ながら、マンガではなく文字だけで綴られています。

    日本においても日常生活の中で、年々接する機会が増えてきた中国人。その彼らの言動に「あれ?」とか「えっ?!」と不思議に思ったり、奇妙に感じたりすることも多々あります。
    本書は、日本人からすると不思議に感じる彼らのそうした言動の真意や背景・習慣などについて、筆者の経験談なども踏まえながら、分かりやすく解説しています。

    また、中国人から学ぶ生き方・考え方、反面教師として中国人から得られることなど、筆者の人生訓や発想の転換なども織り交ぜ綴られたエッセイ的な文体・筆致で、読みやすい構成です。

  • 課長島耕作の作者が綴る中国と日本のお話。
    単純な個人からみた中国ということで、変に学術めいた論文とは違うからこそ
    リアリティがある。

    実際に、自分も体験したことがあるものもいろいろ。

    チャーハンのようなぱらぱらとした個人主義の中国、ある意味クールで確かになと思う。また日本独特のご飯主義。べったりとした付き合い、付き合わなくてはならない感覚もまたしかり。これは自分が主張して、自分で生きていくことが出来ず、他人に依存するからこそ。依存するのは両国同じだ。でも、中国のあくまで個人が大事、周りはどうでもいいって考え方は、どうかと思う部分も。
    これでは環境問題は一生解決しないはず。
    自分ができるのは、これをつなぎ、貢献するってことを教えることかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

「2018年 『学生 島耕作 就活編(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

これだけ違う!日本人と驚きの中国人 (WIDE SHINSHO)のその他の作品

弘兼憲史の作品

ツイートする