わが子を理科系に育てる本―親の指導で理科系力がついてくる! (新講社ワイド新書)

著者 :
  • 新講社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860812553

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供の大切な時間をゲームばかりに奪われている気がして心配だった。もっと子供の好奇心を育てる努力をしようと感じた。自分が幼い時の事を思い出して懐かしくなった。201306

  • わが子を理系好きにするには、まず、親が多種方面に興味を持ち、疑問を持ち、調べて説明できるぐらいでなくてはならないそうだ。
    うーん、頭が痛い。
    何を隠そう、自分自身が理数は苦手だけど、子どもには、将来の就職事情も考えて、ぜひ、理数系に進ませたいなどと考えているからである。
    勉強だけでなく、ちょっと我慢のできる子にも育てなくてはいけない。
    日ごろの生活の中で、子どもに対し、「早く、早く」とせかしてもいけない。どうしよう。
    まだ、今からでも改善する余地はあるだろうか。
    親として、もう少し、視野を広げ常にアンテナを張り巡らせるくらいの気持ちでいなければ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

「2018年 『やってはいけない健康診断』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

ツイートする