「金(カネ)のとれる文章」を書く技術 (新講社ワイド新書)

著者 :
  • 新講社
3.47
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860812782

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ●いい文章とは、読みやすくてわかりやすい。
    ●面白いと思う本を、丁寧に繰り返し読む
    ●好きな文章を真似る
    ●何が、どうした。誰が、どうした。
    ●〜わけ、〜ということ、は使わない。
    ●しかし、けれども、も使わない
    ●新聞の記事は、切り抜かずにメモ
    ●他人に読んでもらう、添削を受ける

  •  ちょこちょこ文章を書いて極々わずかではあるがお金をいただけるようになったものの、まだまだ自信の持てない今日この頃。わたしの拙い文章は、果たして世に出して恥ずかしくないものなのか、実は編集者に嘲笑されているのでは(ネガティブ)という疑念を拭えなくて、ついこういう本を手に取る。
     「一文を短く」「「わけ」「ということ」などはできるだけ使わない」「接続詞もなんならいらない」「いちばん書きたいところから書く」などの基本のテクニック。
     「好きな文章を読む」「真似る」「ネタをメモする」「他人に読んでもらう」「未来の自分に読んでもらう」「事実を書く」「動く」「ペンネームで他人になりきる」「ブログから文学賞まで、とにかく発表する」・・・たりないものが見えてきた気がする。
     1時間足らずで読了。読みやすさに裏付けされている内容。

  •  どちらかと言うと「これで金をとっていると言っても恥ずかしくない文章」を書く技術といったところである。
     技術としては、分かりやすく短い文章を意識する、プロの文章から自分にとっての「いい文章」のイメージを見つける、という二つが基本であり、具体的な部分はどこかで見たことがあるような内容になっている。
     この本は、書くこと以外に仕事がある人が「お金になったらいいな」程度の気持ちで文章を書くための本で、別の言い方をすれば、この本には「書くときの必死さ」は無い。内容としても、小説なのかエッセイなのかはどうでもよく、またそれに応じて、文章の内容に関しては「好きなことを書けばいい」程度のものである。この本に書かれた技術は、著者の雑誌ライター経験が元となっているため、とにかく「分かりやすく短い」が重要視されている。そのため、長くても分かりやすい文章や情緒を含む文章の書き方については分からない。
     特に目新しいことが書いてある本ではないが、項目ごとに分かりやすくまとまっているため、とりあえず本棚に置いておき、ときどき技術の確認のために見るのに向いている。

  • 投稿にしろ出版にしろ、ゆくゆくは文筆業で食べていきたいな、と思ってまして、こういうものを買ってしまう昨今。和田さんはご自身の経験も含めた内容での持論の展開だっただけに、共感部分は半分といったところか。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1960年、大阪府生まれ。
精神科医。老年医学の専門家。
東京大学医学部卒業後、
東京大学医学部附属病院精神神経科助手、
米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、
現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。
高齢者専門の精神科医として、
30年以上にわたって高齢者医療の現場に携わっている。
『70歳が老化の分かれ道』(詩想社新書)、
『六十代と七十代 心と体の整え方』(バジリコ)、
『80歳の壁』(幻冬舎新書) など著書多数。

「2022年 『老人入門 - いまさら聞けない必須知識20講 -』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・マグ...
トニー・ブザン
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×