子どもが輝くいい言葉 いい話し方 (WIDE SHINSHO79)(新講社ワイド新書)

著者 : 多湖輝
  • 新講社 (2009年11月24日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860813024

子どもが輝くいい言葉 いい話し方 (WIDE SHINSHO79)(新講社ワイド新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言葉で表現すると共に、大切であることを行動でも伝えてあげることが必要。
    スキンシップを多く持って、真剣に接すること。

  • ここに書かれているフレーズのいくつかは普段から子どもに言っている言葉だった。言葉が子どもに与える影響を知り、改めて、心を込めて言葉がけをしてあげたいと思った。伸びるも摘むも言葉がけひとつとは言ったものだ。自分で考える力がつくように、子どもの心を自己肯定感でいっぱいになるように、親がどういう言葉で話すかが子どもにこんなに影響を与えるならもっといい言葉で話しかけたい。折に触れて何度も読みたい本です。

  • 筆者は以前「頭の体操」シリーズで私も子供の時、良く楽しんで読んでいましたが、こういう情緒系の著者となっていることは知りませんでしたが、浩平さんのお奨めってことで購読しました。本の対象は子供となっていますが、子供に対する接し方だけでなく大人も一人の人間として十分に教育・啓蒙(自分に対する)させられる図書でした。以下2つのエピソード抜粋
    小さな時から「子供の勇気」を育てる
    ① 「ダメだったら、またやればいいんだ」
    やり直しのできないことはないと教えましょう。結果を恐れない気持ちが勇気を育ててくれるのは子供も大人も同じ。
    一度や二度の失敗であきらめない。これは大切な勇気です(中略)ダメだったらまたやればいいのです。それでもダメなら別の方法を考えればいいのです。親は子供に、結果よりチャレンジすることの大切さを根気強く、しかもリラックスしながら教える事が大事ではないでしょうか。

    ② 「あなたは大切な子です」
    子供の不安を完璧に追い払う言葉です。愛情は、言葉でどんどん表現しましょう。
    自分を大切にしてくれる人がいる、自分は大切な人間なんだと思うことで、大きな安心と落ち着きを取り戻すからです。どんなピンチを迎えても、あるいは悲しいことときでも寂しいときでも、自分は一人ばっちじゃないんだとと気がつくからです。

    「そうさ恐れないでミンナの為に~」っというフレーズ「愛と勇気」アンパンではないですが、大人としても為になりました

全3件中 1 - 3件を表示

子どもが輝くいい言葉 いい話し方 (WIDE SHINSHO79)(新講社ワイド新書)のその他の作品

多湖輝の作品

子どもが輝くいい言葉 いい話し方 (WIDE SHINSHO79)(新講社ワイド新書)はこんな本です

子どもが輝くいい言葉 いい話し方 (WIDE SHINSHO79)(新講社ワイド新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする