面白い人・頭のいい人の自己アピール術 (新講社ワイド新書)

著者 :
  • 新講社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860813277

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 43面白い人頭のいい人の自己アピール術 横澤
    ・人間臭さを出す美人「コカンセツがよく脱臼する」
    ・スピーチ3原則
    1短い
    2エピソード性
    3メリハリ(笑い)

  • あいさつ、心遣い

  • 自己アピールの場というのは必ず1度(それ以上が多いだろうけど)は訪れるものだ。
    この本はそんな自己アピールについてどうあるべきかについて書かれている。

    自己アピールは相手に自分をPRする手段だ。
    それだけに自己アピールがうまくできない人は「個性がない」とか「特徴がない」といったイメージを持たれて損をしてしまう。
    逆に度が過ぎた自己アピールは「自己顕示欲が強すぎる」とか「口先だけ」などという風に見られる事が多く、かえってマイナスになってしまう事が多い。

    いかにして相手に好印象を与える自己アピールをしていくか、マイナスイメージを与えないようにするには日頃からどのような事を心がければいいか、お笑い関係に長年携わってきた著者の経験や視点から述べられており、なかなかユニークな内容だと思う。
    最近出された本なのに、Amazonのランキングがかなり低いのがもったいない一冊だと思う。

    この本は就職・転職活動などをしている人など自己アピールする場所に臨まなければいけないような人に是非読んでもらいたいなって思う。

  • 「自己アピール」と「自己顕示」とは違うものです。

    自己顕示とは、とにかく「自分は自分は」と、自慢や経歴(キャリア)、肩書なんかを前面に押し出してしまうこと。
     
    コミュニケーションは、自分と、自分の話を聞いてくれる相手がいることで初めて成り立ちます。そして、自分を評価・判断するのは相手であるということを忘れてはいけません。

    しどろもどろでも構いません。相手との距離を縮めたいという熱意でもって、自分にはこういう目的や志があるんだということを一生懸命に伝えようと努力すること。その大切さを教えてくれる1冊です。

全5件中 1 - 5件を表示

横澤彪の作品

面白い人・頭のいい人の自己アピール術 (新講社ワイド新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする