上司を思いのままに使いこなす本―タイプ別・心理のツボを押さえる!

著者 :
  • 新講社
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860813529

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上司のタイプはいろいろあれど要は上司の顔を立ててうまくやれってこと。
    上司に反論されるのは1対1の関係になっているということだからそれはそれでいい。

  • "上司を思いのままに使いこなす本―タイプ別・心理のツボを押さえる!"の要点まとめ~ブクペ~ http://t.co/yKROTW7 via @bukupe

  • こんな上司のもとで働くなんて無駄だ!
    …と思う人はさぞ多かろう。
    そしてすぐに見切りをつけて職場を変える人も多かろう。
    しかし著者はそこに「ちょっと待て」と声をかける。
    転職した先でだって同じことは起こりうる。
    ならば、上司を徹底的に有利に使うワザを身につけてから辞めても遅くはないのではないか?と。

    自分の実力で勝負してやるとばかりに上司を遠ざけるのは得策ではない。
    なぜなら決定権を持っているのはやはり上司なのだから。
    上司のタイプを見極めて、押さえるべきポイントを知って付き合うべし。
    上司は、使わなければ損をする、部下にとっての便利な共有ファイルと心得よ。

    と、そんな見解でもって語られているわけなのだが。
    言っていることはそれほど過激なわけではない。

    「上司」という立場を持つ○○な気質の人間は、
    こんな部分を大事にしているのだから、そこを外すな、と。
    さすが精神科医というところか、ポイントも簡潔でわかりやすい。

    仕事上での上手な人間関係の構築方法を教えてくれている、
    なかなか有益な一冊でした。はい。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

和田秀樹の作品

ツイートする