自分は自分 人は人 -争わない「生き方」- (WIDE SHINSHO175) (新講社ワイド新書)

著者 :
  • 新講社
3.24
  • (10)
  • (38)
  • (62)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 601
感想 : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860814472

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「自分は自分、人は人」という考え方がベースにあれば強く生きられることだろう。
    心を乱さず穏やかに自分のペースを守りつつ一歩一歩進んでいきたい人におすすめします。

    強烈な自己主張の強い人間が苦手で感情的なぶつかり合いがストレスになり、溜め込んでしまっている人のための“わざわい抜け出しのヒント”を和田さんが提案してくださっています。

    近頃、マウンティングという言葉が一般的に使われているけれども、そんな社会的順位を確認する行為をする人をも余裕で受け止められるようになれるのではないでしょうか。

  • 自分の思うようにものごとが運ばないと不機嫌になる人間がしばしばいる。勝ち負けにこだわる人は幼児性が強いのだ。

    基本は受け答え。相手の立場、年齢、性別にかかわらず、挨拶されたら挨拶をかえす。何かたずねられたらわかっている範囲で答える。親切にされたらお礼を言う。受け身なアクションでいいから、絶対に無視しないで丁寧に明るい声で受け答えする、それだけで気さくな人間になれる。

    相手が知識はないのに思い込みだけが強い人間だとすると、すぐ感情的になられてしまうが、冷静に争わないことを選ぼう。

  • 人にふりまわされるだけではなくで、まわりこういうひとだったと妙に納得されるようになると、ちょっとだけ助けてくれたり、突っ込まれなくなったりしませんか。

  •  久々に自己啓発系の本を買ってみた。
     本書は主に「争いが嫌いな人」の視点で、物事にどう取り組むべきか、どう捉えるべきかが書かれている。私は資本主義・自由主義社会が好きなので競争は正義だという思い込みがどこかあったのかもしれないが、個人的に争いごとは好きじゃないなと改めて気付かされた。
     これは「みんな平等」とかいう社会主義的な考えを肯定するのではなくて、競争原理の中でも周りに流されずマイペースでコツコツ努力を重ねれば、自然と競争に勝つこともできるということなのではないかと思う。また負けたとしても素直に受け入れ、次に活かせる。
     このように自分の考えに芯があれば、社会人になっても仕事や人間関係で上手くやっていけるのではなかろうか。

  • 書かれている内容は当たり前の内容というか道徳的な側面の多い内容でした。しかし、実際に日常的に意識して実行できているかというと意外とできていないこともあり、改めて考え方を変えなきゃなと気づかされる点がいくつかありました。自分の考えややり方に不安が生じたときに読むべき一冊だと思いました。
    全体を通して学んだことは裁定取引に近い考え方を持つことができました。AまたはB どちらに転んでも自身の成功に繋がるという考え方をもって行動することの大事さを学びました。

  • タイトルにあるように、争わない生き方について著者の考えが書かれています。
    自分は争っていると思っている人も、争っていない人と思っている人も自分を振り返るのに良い一冊だと思います。

  • 挨拶されたら、挨拶を返す
    何か尋ねられたら、わかっている範囲で答える
    親切にされたらお礼を言う
    平凡な毎日だから節目が大切
    座右の書を持つ人は、心が折れない。
    再読することで忘れていた世界を思い出すことがある。朝の時間はだれでも心が安定していて、前向きな気持になれる。

  • 内容は中学生以下。読む時間の無駄と感じた。

  • 二枚ごしのしぶとさ
    ・退く・加わらない・レベルを下げる・代案を考える・返事を保留する・助けを求める

    いま瀬戸際の判断を迫られていて、大いに参考になる!

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。高齢者専門の精神科医として、35年近くにわたり高齢者医療の現場に携わっている。
主な著書に、『70代で死ぬ人、80代でも元気な人』(マガジンハウス新書)、『80歳の壁』(幻冬舎新書)、『70歳が老化の分かれ道』(詩想社新書)、『「損」を恐れるから失敗する』(PHP新書)などがある。

「2022年 『老いの品格 品よく、賢く、おもしろく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
小池 龍之介
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×