ぱらのいあけ〜じ (キャノプリCOMICS)

  • ジーオーティー
3.63
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860849757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやー、無事に手に入れられて良かったですわ。この『ぱらのいあけ~じ』が連載されている、comicアンスリウムは毎月欠かさずに購入して、リアルタイムで読んじゃいるんですが、まだまだ俄かなれど、クール教信者先生のファンを自負している身なので、絶対に入手したかったんですよね。成年誌に掲載されているから、行きつけのTSUTAYAじゃ入荷しないかもな、と不安だったんですが、店員さんにクール教信者先生のファンがいたのか、普通に置いてありました(笑)
    恥を忍んで、タイトルをカウンター担当の人に伝え、取り寄せてもらう、と決めていた覚悟の行き先を失っちゃって、やや困惑でしたが、苦労せずに入手できたのは嬉しい限り
    comicアンスリウムは掲載作品のレベルが割と高いので創刊時から買って、読んで、感想も拙いなりに書いちゃいるんですが、ぶっちゃけ、この『ぱらのいあけ~じ』が連載しているから買うのを止めてない、ってのはありますね。もし、最終回を迎えたら、comicアンスリウムを読み続ける理由の大半を失くしちゃいますね、確実に。なので、編集部はこれからも、どエロくて、話の起承転結がしっかり組まれてる作品を読み手に提供できるよう、頑張ってもらいたいですね
    内容は、大雑把に言うと、仕事コメディでしょう。主役は、世辞でも何でもなく、美人でおっぱいも大きいエロ漫画家・水木先生。あまり馴染み深くない、エロ漫画家の仕事風景を、クール教信者先生が描くと、ここまで惹かれるのか、と驚くだろうな、単行本で読んだ人は
    何故、クール教信者先生の漫画を、ここまで面白く感じるかってのは、ストーリーが内容やテンポも含めて好みってのは大きいが、やっぱ、オッパイに並々ならん“こだわり”を感じられるからだ、と思いますね。おっぱいを描いてこそ、クール教信者先生!! ってのは、『チチチチ』を読めば明らかですが、こちらも主役の職業がエロ漫画家ってのもあって、その感は強いです
    また、水木先生とアシのサキちゃんさんの関係も良く、ここにもクール教信者先生が得意とする、重いけど暗すぎない人間ドラマを愉しめて、ますます嬉しいですね
    ガッツリとしたコメディなんですけど、単に読み手を明るい気持ちにさせるだけじゃなくて、たまに自滅こそすれど、仕事と真面目に向き合う水木先生の姿に、読み手に自分を省みさせる「何か」が確かにある、と受け止めたのは、きっと、私だけじゃないハズです
    加えて、漫画家と担当編集者とのラブコメ、そんなお約束展開も盛り込まれています。処女で恋愛経験値が中学生より低そうな水木先生の、榎さんへのアプローチの空回りっぷりが実に可愛いらしいですよ。判り難いにしろ、結構、グイグイと距離を縮めてきている水木先生のキモチに気付いていないのか、逆に気付いているからこそ、逃げちゃう榎さんも、これまた好いキャラです。この二人の恋模様も、2巻を楽しみに出来る理由の一つです
    お勧めの話は、やっぱ、掴みとしてバッチリな第一話でしょう。人は、恵まれた環境に身を置いている時は、その不自由さに幸せを感じられないものだ
    この台詞を引用に選んだのは、他の作品で引用している台詞と同じ理由、クール教信者先生らしさを強く感じられるからです。大人として先の事を考えておくのは当たり前、でも、生きている今この瞬間を、確定してない明日のために楽しくしない、のは少し違う。自分で選んだ、好きな生き方、なら、自分の気持ちを裏切らないためにも、今日を好き勝手に楽しく生きるのも大事でしょう。まぁ、大体、その場の勢いで行動して、楽しい一時を手に入れられると、後で「何やってんだ、俺は」と、パンドラの箱が開いちゃったときに悶えちゃうんですが、それもそれで、人生の醍醐味と言えますから、水木先生の人生観はあながち間違っちゃいないですよ

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

多数の作家を輩出している漫画投稿サイト「新都社」にて、『ピーチボーイリバーサイド』を始め数多くの作品を発表。2012年に『小森さんは断れない!』で商業誌デビュー。その他に『旦那が何を言っているかわからない件』『小林さんちのメイドラゴン』『おじょじょじょ』『チチチチ』など多くの著作がある。

「2018年 『ピーチボーイリバーサイド(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クール教信者の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クール教信者
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする