ボヨンボヨンだいおうのおはなし

  • 朔北社
3.76
  • (4)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860850371

作品紹介・あらすじ

おうさまはくにのいろいろなもんだいがきになりよるもねむれません。あるばんどうしてもねむれなかったおうさまはベッドのはしらによじのぼりいきおいよくとびおりたのです。ボヨーンバヨーン、ボヨヨーンバヨヨーン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 周りはそうやって自分の価値観で縛りたがる。

  • 我が家のボヨンボヨンの大のお気に入り。

  • ストレス発散には、ボヨンボヨンもいいかもしれない。
    大臣が、余計なこと、しちゃいます。それも優しさなんですね。

    大王の仕事はとても大変なのかもしれません。
    あなたにとって、ストレス発散はなんですか。

  • こんなベッドがあればいいのにな。
    意外とばかばかしいことで悩みが解消されるのかもしれない。

  • ベッドの上でボヨンボヨン跳ねるなんて気持ちよさそう。

  • 王様が国の問題に悩み、ある日ベッドにボヨンボヨンと飛び跳ねスッキリするのですが、それを見た家来が驚いて…。
    私はこのベッドが欲しくなりました。楽しそうなストレス解消法です!

  • ベッドの上でボヨンボヨン跳ねて、悩みから解放され、元気になれる王様。ベッドの上で跳ねることを禁止されてからみるみる元気がなくなってしまう。
    こどもの自由な心に蓋をしてしまわないように、と考えさせられた。

  • 自分で自分のご機嫌をとる

全9件中 1 - 9件を表示

ヘルメ・ハイネの作品

ツイートする