おたんじょうびのひ

制作 : 長谷川 義史 
  • 朔北社 (2006年8月発売)
3.59
  • (7)
  • (5)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784860850425

おたんじょうびのひの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誕生日には、生まれたときのことを、思い出してみよう。小さくて成長するか心配だったり、寒い寒い日に生まれてきたり、夜泣きをして何度も起きたりと。生まれてきてくれたこと、生んでくれたこと、育ててくれたことを思い出し、感謝する日。こども向けの、誕生日にありがたさを感じ取ってもらう絵本ながら、読んであげる母親の方がしんみりくるんじゃないだろうか。

  • 幼稚園?のお誕生日

    生まれたときのことをきいてくる

  • 小学校(1年生)の読み聴かせで初めて読んだ(記念すべき!)本。
    自分が妊娠中ということもあり、子どもたちに何か伝えられないかと
    思って選びました。

    皆、誕生日がある。産まれた時の、赤ちゃんの時のエピソードがある。
    家族で話して、自分が産まれた時、喜んでくれた人がいたことを
    知って欲しいと言う思いを込めて読みました。

    途中笑いありのこの絵本。子どもたちの反応はとても良かったです。

  • 6歳を迎えた主人公の誕生日で、生まれた頃の話をするのですが…

    さすが、6歳。お母さんとのやりとりに笑っちゃいます。
    「ロケットみたいなところ(未熟児だったために保育器)に入れられてたのよ」とお母さんが話せば「かっこいいじゃん。宇宙飛行士みたいで」。
    「だから退院するのも人より遅くてね。」とお母さんが話せば「早く出てきて、遅く帰ったんだ」。

    今年の3歳の誕生日ではまだまだ無理かもしれないけど、4歳の誕生日だったらどんな反応を示すのかな?
    これから誕生日のたびに生まれた頃のエピソードを話すようにしようかな、と思い、またそれを受けて展開されるかもしれないやりとりを勝手に想像して楽しめた絵本でした。

  • 内容(「MARC」データベースより)
    明日はよしふみくんのお誕生日。6年前に生まれました。みんな、生まれた時どんな赤ちゃんだったかお母さんに聞いてみます。初めて歩いた時のこと、新しい言葉を喋った時のこと…。巻末に「おたんじょうびのひ」の楽譜付き。


    わが子もそのうちこういう事を知りたがったり、するときがくるんでしょうね。
    なんだか成長してくれるのはうれしいのとそうでないのとありそうな気がしますね。。。
    気のせい??

  • ひとりひとりにとって
    この世に生まれてきた日は
    大切な記念日

  • 生まれた日のエピソードは誰もがみんな持っていて、そこには愛情がたっぷり詰まっています。長谷川義史さんのイラストが今回も素晴らしい!

  • 2009.3.18

  • 3歳のお誕生日ブームがまだ続いている。

全11件中 1 - 10件を表示

中川ひろたかの作品

ツイートする