おこりんぼうのアングリー

著者 :
制作 : Lai‐Ma  宝迫 典子 
  • 朔北社
3.88
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860850494

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の中での台湾特集その3。
    蚊に刺されて怒りが止まらない怪獣くん。
    些細なことで私たちもイライラしちゃう時があるけど、
    泣いて笑えば、ほらまた元通り!
    蚊のポータン、って名前が可愛い!

  • 蚊のポータンはおこりんぼうの血が大好き。ポータンに刺されたら大変。噴火病になってしまいます。ある日、ポータンが怪獣国のアングリーをちくりと刺しました。アングリーが大声で吠えると口からものすごい火が噴きだしてきたのです。火は24時間休むことなく口からも鼻からも吹き出してきます。怪獣国の仲間たちは怖くてアングリーに近づいて来ません。悲しくなったアングリーは大声で泣き出しました。すると涙と鼻水で火はぷすぷすと消えていきます。色がきれい。

  • 火は、水にかかると消えちゃうけど、強い火は消えないで強くなる。

  • この本は…怒ってばかりじゃ駄目だよ?って事を教える本なのか、火は水をわかしたり土を暖めたり…が出来ることを知る本なのか。分からないけれど、友達の優しさを知る本だと思います。

  • 2008/3/13もりちゃん

  • おこってばっかじゃ
    かなしいよ

    子どもに大人気でした

全6件中 1 - 6件を表示

ライマの作品

ツイートする