大久保利通の肖像―その生と死をめぐって

著者 :
  • 朔北社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860851019

作品紹介・あらすじ

襲撃されたとき乗っていた馬車を詳細に調査し、大久保最期の場面を再現して、通説を正す。断固たる決断力が冷酷とも評されてきた政治家の生と死を、緻密な取材と史料の丹念な読込みにより鮮やかに蘇らせる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とかく、大久保利通というひとは誤解されがちだと思う。
    西郷隆盛との対比で、どうしても「冷徹」「謹厳」「融通が効かない」そんな評価が多く、しかも未だ地元の鹿児島でも評価は芳しくない。
    この本ではそんな「大久保利通像」をひっくり返してくれる。幼いころのエピソードや、西郷との友情、大久保の子孫が語る「大久保利通」が、リアルに目の前に拡がる。
    私達が歴史上の人物に対して抱いている「イメージ」というものは、良くも悪くもどこかで植え付けられたものなのだろう。私達は「本当」を知らないのだ。
    ぜひこの本を読んでいただいて、みなさんが思っている「大久保利通」のイメージを壊してほしいと思う。大久保利通というひとは本当に凄い人だった。正当に評価されるべきなのだ。
    また、この本では大久保暗殺の詳しい検証もなされている。これも素晴らしいと思う。
    一読の価値は絶対にある本です。

全1件中 1 - 1件を表示

横田庄一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする