みんなのこびと (cub label)

  • 長崎出版 (2007年1月31日発売)
3.93
  • (23)
  • (21)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :158
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784860951801

みんなのこびと (cub label)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2015-08-13)

  • シノビイエコビトは仕事しすぎだと思う。
    セミは許してあげてください。というか、こびとがいなかったらセミはもっと長生きするということなのね。

    ブームが過ぎ去って落ち着いたこびとシリーズ。
    今改めて読むとどうなのでしょうね。
    この世界の日常に紛れて、誰も知らない変ないきものがいるかもしれないと考えるのは楽しいかもしれないな。


    読み聞かせするより自分でじっくり読んだ方が楽しいと思います。

  • どの小人もユーモラスに紹介されていてとても面白いです。

  • 前作・こびとづかんの主人公が、年を経てこびと博士になっていました。(背景の小道具から予想できる演出がなんとも面白い!)
    博士に次々送られてくる子供達のこびとに対する疑問や相談事…。前作・こびとづかんでは明かされなかった新しいこびと設定…などなどには、つい「プッ」と笑ってしまいます(笑)

  • 小人に関して相談に答えてくれるような絵本

  • 今となってはかなり有名ですが、我が家で購入した三年前はまだ今ほどではなく、コープのカタログで何と無く…でした。
    実在しない奇妙な小人たちですが、細かい生態をすべて創作した作者はお見事です。なんでこんなにバカ売れしているのか今でもよくわからないですが、インパクトは絶大。

  • シノビイエコビト、ナツノツマミ、カクレモモジリ。

  • こびとシリーズ第2弾.
    勢いは衰えず、むしろ「こびとづかん」より小さい子供でも楽しめる更正になっている.
    キモカワイイのは相変わらず.

  • お兄ちゃんはなにに惹かれてこびとにのめりこむのでしょうか?すっかり夢中です。ママはかくれけだまが好き。

  • うーん

    いないからなあ・・いたらやだけど

    目撃談とコビト紹介の絵本

    別におもしろくもない

全29件中 1 - 10件を表示

みんなのこびと (cub label)のその他の作品

みんなのこびと 単行本 みんなのこびと なばたとしたか

なばたとしたかの作品

ツイートする