ハルムスの小さな船

制作 : 西岡 千晶  井桁 貞義 
  • 長崎出版
3.80
  • (8)
  • (12)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860951986

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 装丁や挿絵がかわいらしく文字も少なで簡単に読めるだろうと図書館で。未知の作家の作品を読もうと思ったのだ。

    なるほどそれは不思議の森で文字数と反比例してロシアの大昔から脈々と受け継がれる文学の壮大さ、深さを感じさせる。架空の世界、不条理、あちらこちらに漂う死の匂い。世界のどこのものとも違うロシアの物語の世界だ。私の残念な語彙と知識では表現できないが、この物語の世界観はすごい。

    絵に惹かれて借りたのに挿絵なしで読んだなら、もっと不思議の世界に没入できたろうにと思うのだ。”どちらが先か忘れてしまったのだ。7だっけ、8だっけ?”の言葉にハッとする。

    戦前の作家でびっくり。

    • minikokoさん
      レビューを読んですごく読みたくなった。絵も気になる。
      レビューを読んですごく読みたくなった。絵も気になる。
      2018/07/31
  • ハルムスと言う人自体を、この本を読むまで知らなかった。ゴーゴリとプーシキンがお互いにつまづいて転びながら、畜生!と言い合うだけのやつがおもしろかった。

  • 挿絵効果もあり何か好き。

  • ダニイル・ハルムスの本を読むのはこれで4冊目。
    その中でも異色の一冊。
    西岡千晶さんのイラストが非常にマッチしており、すでに同じ小咄を何度も読んでいるのに、楽しめる。
    最後の中編「老婆」は、一瞬ホラーかと思った。。。
    図書館で児童書扱いになってたけど、これは大人が愉しむ本。

  • “コン!”が好き。話も絵もシュール過ぎ。シュールなのが好きな人にオススメします。“コン!”

  • 淡々と熱を帯びずにすすむシュールな一篇一篇が面白すぎて、黒いのにふわふわした心地になってくる。この本は一種の合法麻薬ではないだろうか。なにもかもを超越した気分になったり、地面に頭から叩き付けられたり。とても好きな一冊だった。どれもいいけど「コン!」「墜落する老婆たち」「パッサカリア一番」「ブルーノート No.10」「老婆」が特に好き。
    あと大好きな西岡千晶の絵。彼女の絵もまた淡々と熱を帯びずに酷いことになる。ブラックホールみたいな目がいい。

  • コントっぽいもの詰め合わせ
    作者は反ソビエト活動の疑いで逮捕されたりした人だそうです
    松本人志の映画が好きな人には合う…かもしれない
    パッと見て意味のない感じというか

    マジメにナンセンス
    マジメに非生産的というか

  • 初めてハルムスを日本語で読んだ。西岡兄妹・妹のイラストと装丁との組み合わせでとても良い味が出ている。不条理好きは是非。

  • 「墜落する老婆たち」

  • 『昨日のように遠い日』を読んで、俄然興味を引かれたハルムス。
    カスチョールの会発行のロシア児童文学翻訳集「アグネブーシカ」第5号(ダニイル・ハルムス特集)でも、子どもたちに向けて書かれたハルムスの作品を読むことができる。どの作品も明るさと躍動感に満ちていて、とても楽しい。

    一方、本書の作品の多くは、まったく趣きが違う。同じようにナンセンスで不条理ではあるけれど、もっとダークで、棘や毒を感じさせる。“死”がそこここに顔を出す。彼の生きた時代の政治的状況を考え合わせずにはいられなくなるような、陰鬱さだ。これは何かの暗喩に違いないと勘繰ってしまいたくなるような。

    「老婆」と題された中編小説の、“自分が奇跡をおこなう者であり、どんな奇跡も思いのままだと知っているのに”“生涯にたった一つの奇跡もおこなわないまま”死んでしまう男という記述も、暗示的で印象深い。

    詩、短篇、戯曲等23作収録。

全17件中 1 - 10件を表示

ダニイル・ハルムスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ダニイル ハルム...
川上 未映子
スティーブン ミ...
リチャード ブロ...
ジョージ・ソーン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする