いーとんの大冒険 (ciel books)

  • 長崎出版
3.84
  • (11)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784860952327

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あなたの一番大切なものは何ですか?

    失って初めて気づくものと、
    失われると分かっていても手放してしまえる強さ。

    絵にびびって手に取れずにいましたが、お話は深みのあるものでした。
    読み聞かせの時は、最後に泣いてしまわないように、要注意!です。

  • (2015-08-13)

  • 絵のインパクトが凄いので、子どもたちはまずそこに食いつく。だけど、物語としてもしっかりと作られていて、最後には大事な事をキチンと子どもたちに伝えきるチカラのある絵本。

  • バカバカしいけど愛らしいいーとんの冒険譚.

  • 独特カラフル

    おばあさんのくだりいいね

  • さぁ、読んだ子が大切なもののありがたさに気付くか?

  • くいしんぼうのいーとんは、ある日ダンデからなんでも願いがかなう「カナイダネ」というタネをもらいました。
    しかしそれは、願いが叶うのと引き換えに、一番大切なものをなくしてしまうのでした。
    一番大切な友達を助けるために、いーとんはダンデに立ち向かいます。
    オバーニーさんが大切な「思い出」と引き換えに、プイドルを助けてくれます。

  • まず、登場するキャラ達のネーミングセンスが好き。笑
    イートン、プイドル、オバァーニーなどなど。
    ストーリーは、子どもたちにとってはちょっと難しかったみたいだけど、大人としてはかなりおもしろかった。色んな背景知識があってこその面白みだと思うから、絵本だけどやっぱり大人向けかなっていう印象。
    大人が読めば、楽しめること間違いなし!
    読み終わった後に、ちゃんと「大切なものって何だろう」って考えてしまう、そういうきちんとした物語がありつつ、このふざけた(?)絵と、スイートポテドン!!一読の価値あり!

  • 確かにちょーっとだけ気持ち悪い。
    でも、見ているうちになぜか可愛く思えてくる。
    特にみんなの表情が豊かなところとかたまらなく可愛い(笑)

    子どもがきっと喜ぶだろうなぁと思う要素がたくさんつまっているし
    大人が読んでも、名前の付け方に「なるほど!」と思わされたり
    誰が読んでも楽しめる絵本だと思う。


    …絵が苦手でなければ(笑)

  • 子供のお勧めです。
    が、やはり絵が苦手です。(≧×≦;)

全22件中 1 - 10件を表示

いーとんの大冒険 (ciel books)のその他の作品

いーとんの大冒険 単行本 いーとんの大冒険 なばたとしたか

なばたとしたかの作品

いーとんの大冒険 (ciel books)に関連するまとめ

ツイートする