ワトスンの選択 (海外ミステリGem Collection)

制作 : Gladys Mitchell  佐久間 野百合 
  • 長崎出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860952549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資産家が縁者を集めてホームズ仮装パーティを開きます。お屋敷に集まったのは、財産相続の権利がある混血の私生児、主に色目を使う教育係の女、その女に横恋慕する家庭教師、ホームズ役に雇われた役者…などなど。
    クセのある人物たちの間では色々と問題が起きている感じなのですが、なかなか殺人事件は起きません(笑)。

    精神分析医であるブラッドリー夫人と、好奇心旺盛な秘書ローラが探偵役で、彼らの人物観察の目線が楽しい話でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1901年、イギリスのオックスフォードシャーに生まれる。ロンドン大学卒業後、教員生活を送りながら、探偵小説を執筆。1929年、処女作『迅速な死』を発表。本作にも登場する心理学者、ミセス・ブラッドリーを探偵役としたシリーズで好評を博し、英国ファルス派を代表する作家として知られる。代表作に『ソルトマーシュの殺人』『月が昇るとき』(本書)、『トム・ブラウンの死体』がある。その他、別名義を含め、70冊以上の著作がある。1983年没。

「2011年 『月が昇るとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グラディス・ミッチェルの作品

ワトスンの選択 (海外ミステリGem Collection)を本棚に登録しているひと

ツイートする