12の怖い昔話

制作 : Susan Price  安藤 紀子 
  • 長崎出版
3.15
  • (0)
  • (7)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860953270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『怖い』と言っても、長く読み継がれている『昔話』の様に編集されているので、
    たいへん読みやすかった。

    さっぱりと活字を読みたい夏にもオススメ。
    (どんな薦め方?!)

    それにしても
    (見えないもの)を信じようとしない人間が
    霊や、悪魔や死神を怖れるのは何故だろう?

    それは「死」の臭気をともなっているからだろうか?

    ある物語を読んで思った。

    <死>とは生者にとって<影>の様なものだ。

    光強き時こそ、色濃く現れ不安を煽る。
    何もしないが、
    決して離れる事は無いし、
    また逃れる事も出来ない。

    地にべっとりと張り付く暗い影の存在さえ恐ろしく思えてきた。

    高ぶる感情って(たとえそれが、恐怖だとしても)
    人の想像力を大きく膨らませてしまうものなんですね。

  • スーザン・プライスは『エルフ・ギフト』や『ゴースト・ドラム』など、骨太でえぐみのある作品を書く作家だが、“昔話の再話形式をとった創作作品”である本書は、またずい分ライトな印象。題名通り12話収録。

    それぞれのタイトルに、死神やら古城やら墓場、幽霊といった単語が並ぶが、邦題のように“怖い”とは言い難い話が多い。もっとも原題は、Goasts at Large だから“怖い”なんて一言もいっていないわけで・・・。日本の版元の販売戦略かな。

    怖くはないけれど、不可思議で幻想的な雰囲気を楽しめる。機転をきかせて怪異との対決をやりすごしても、めでたしめでたしで終わらず、もう一ひねりあるところが、プライスらしさと言えるだろうか。

    「怖いもの知らずのメアリー」は、怖いものがないなんて、想像力がない証拠だろうとつっこみたくなるが、あくまで実際的でしっかりもののメアリーが、いっそ小気味よくて楽しい一篇。
    溺愛する娘が結婚することをしぶる母を、「母さんに姉さんの助けが必要になったら、僕がむかえにいってここに連れて帰ると、約束するから」と説得して結婚を許可させた息子。母への愛から、あくまで約束を果たそうとする息子の愚直さ(いや、それとも悪意からか?)と、この状況下では約束など果たしてほしくないと思ったに違いない母の悲嘆が想像される「真夜中の訪問者」が心に残った。

    同じ長崎出版の『ハルムスの小さな船』もそうだったが、本書もまた装丁が素敵だ。

       Goasts at Large by Suzan Price

  • 昔話の再話形式をとった創作短篇12編。

    アーサー王、魔法使い、死神、ボンネット帽、1シリングコインなどなど、イギリス情緒たっぷり。どのお話からも、古い町並みの埃臭さまでが漂ってくるようでした。

    柳の下に佇む日本の幽霊に比べて、イギリスのおばけはめちゃめちゃアグレッシブ。夜毎墓穴から起き上がっては生者を襲ったり、生前床下に隠しておいた金貨を盛大にぶち撒いたり……。

    ただ単に怖いだけでなく、人間のしたたかさや滑稽さも垣間見えて、なるほどなあと唸りながら読みました。

    「怖いもの知らずのメアリー」「兵士と死神」「道連れ」が好き。

  • 昔話の体裁をとっているため、地味な語り口で淡々と不思議な話が語られていくところが、とても良い。兵士と死神ー魔王からもらったなんでも入る背嚢の話、影ー悪魔に影を取られた男の話、これと同じ内容の作品を読んだ覚えがある、霧のなかの古城ーアーサー王とチェスをする話、墓場に燃える火ー少しコメディっぽい話、老いも死もない国ーいかにも昔話らしい話、道連れー首なし幽霊ボガードの話。どれも民話をベースに語られていると思われる。

  • 目先の欲にとらわれて悪魔と取引なんかすると、永遠に苦しむことになるよ。死ぬのは怖いかもしれないけど、死なないのはもっと怖いよ。子供が読んでも安心なちょっぴり怖い「昔話」。大人には物足りないかも。

  • 怖いもの知らずのメアリー、兵士と死神、影、欲張り、罪人トム・オッター、月、霧の中の古城、墓場に燃える日、真夜中の訪問者、犬と幽霊、老いも死もない国、道連れ

    12編の短編集。 どの話も、子供ではなく大人が、悪魔や魔法使い、大天使ミカエルなどいろいろなものに出会った時のことが描かれている。どこかで読んだような話もあるが上手く味付けされている。5ページしかない物語もあるが、話がすっきりとまとまっていて読みやすい

  • 2013よみこん推薦本、高学年ーよみもの。評価保留。思ったほど怖くない。短編だから読みやすい。

  • 2011年12月5日

    <GHOSTS AT LARGE>
      
    装幀・組版/Katzen House 大塚+西田

  • 9つめのお話、「真夜中の訪問者」が、ぞくぞくっ。でした。

  • 翻訳物らしいノリとオチが素敵。

    個人的に怖かったのはトム•オッターの話。想像すると…

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イギリスのブラック・カントリー工業地帯に生まれる。14歳のとき短編小説のコンクールで入賞して以来物語を書き続け、1987年『ゴースト・ドラム北の魔法の物語』でカーネギー賞、1999年にThe Sterkarm Handshakeでガーディアン子どもの本賞を受賞。翻訳刊行された作品に『エルフギフト 上・下』(ポプラ社)、『12の怖い昔話』、『500年の恋人』『500年のトンネル』(ともに東京創元社)など。

「2017年 『ゴーストドラム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

12の怖い昔話のその他の作品

スーザン・プライスの作品

ツイートする