あるひ こねこね (ciel books)

著者 :
  • 長崎出版
3.68
  • (9)
  • (8)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860954598

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こねこねこねこねこねこねこねこね…ネコ!

    キリンとか、どうやって作るんだろ?(笑)

    ラストのオチにはビックリしました。


    す、スケールがでかすぎる!まさか、地球創生の話だったとは…
    高畠那生ワールドは、やっぱり深い。

  • 978-4-86095-459-8 31p 2011・7・24 初版1刷

  • 単なる 言葉あそびの内容だと思ったら なんと!!この うちゅうじんたちは 偉大なものを 造っていたのだ!! そして 次の星へ…こういう「オチ」は 好きです♪

  • ある星に降り立ったタコ型宇宙人。
    粘土でこねこねして、いろんな動物を作り、木を作り、草を作り。
    土だけの星は、美しい水の星になって、タコ型宇宙人は他の星に去ってゆきました。

    ・・・え?
    これって、地球を作ったってこと?
    あのタコ型宇宙人って、神?
    と思わせるのが楽しい、高畠那生ワールド炸裂の一冊。

  • 20013/12/03 1-2

  • 4分くらい。
    ある日、宇宙人がやってきて、何やら作り始めます。
    こねこねこねこね、作ったのは、ねこ。
    ぬいぬいぬいぬい、作ったのは、いぬ。
    言葉遊び絵本です。

  • 言葉遊びのゆな動作で次々といろいろな生き物ができていく様子がとても楽しいです。

  • 地球もあるひこねこねだったのかな〜って創造する楽しさがリズム良い逆さ言葉で表現されてる楽しい一冊。高畠那生さんの画風とセンスがあっている!
    じゃぁ「とひとひとひ」って何の音だろう。

  • H24・1-1

  • あるひ……
    あるほしに うちゅうじんが 
    ぞろぞろ ぞろぞろやってきて……


    宇宙人がとある星にやってきて、こねこね、ぬいぬい、いろんなものを作る。
    ページをめくって「ほほう!なるほどー!」と唸ってしまった。
    単純だけど面白い!
    そこは高畠さんらしいシャレが効いているのだろう。
    出来上がったものの中には「コレはどうやって作られたのだろう?」と考え込んでしまうようなものもあるので、親子であれこれ妄想するのも楽しい。
    また宇宙人のゴーグルとか針に糸を通すしぐさなど、細かい部分もツボ。かわいい。

全15件中 1 - 10件を表示

あるひ こねこね (ciel books)のその他の作品

高畠那生の作品

ツイートする