画本 厄除け詩集

  • 長崎出版
3.90
  • (4)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784860955281

作品紹介・あらすじ

美しい装画とともに蘇る飄々逸々イブセワールド。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おっと復刊!長崎出版様、他の本もヨロシクお願いします。。。

    パロル舎のPRから
    「生キルニ難イ世ノ中ノドコゾニ妙薬ノナイモノカ。御利益アリマス一陽来復「厄除け詩集」。多彩な表現で鮮やかに息づく井伏鱒二の名調子。 」

  • 井伏鱒二の詩集を初めて見ました。
    というのも、ブクブク交換で紹介されていて、表紙が素敵で欲しかったんだけど、ジャンケンで負けました~_~;
    図書館にあったので、借りてみたら、表紙もですが、中の借り画もどれも素敵でした^o^

  • 本、という物としての美しさ。詩歌というものの堅さと気安さ。井伏鱒二の知性とユーモア。好きです。国語の授業で一年くらいかけてじっくり読みたいな、今私が女子高生に戻れるなら。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

本名・満寿二。一八九八年(明治三十一)、広島県に生まれる。早稲田大学、日本美術学校を中退。一九二九年(昭和四)「山椒魚」「屋根の上のサワン」で文壇に認められる。三八年(昭和十三)、「ジョン万次郎漂流記」により直木賞を受賞。「鯉」「さざなみ軍記」「多甚古村」「丹下氏邸」「本日休診」(読売文学賞)「遙拝隊長」「集金旅行」「漂民宇三郎」(芸術院賞)「武州鉢形城」「黒い雨」(野間文芸賞)などの小説の他、詩集や随筆・紀行も数多い。六六年(昭和四十一)、文化勲章受章。九三年(平成五)没。

「2018年 『太宰治』 で使われていた紹介文から引用しています。」

画本 厄除け詩集のその他の作品

画本厄除け詩集 単行本 画本厄除け詩集 井伏鱒二

井伏鱒二の作品

ツイートする