猫町

著者 :
  • 長崎出版
4.00
  • (7)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 105
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (86ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860955441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 祝復刊!

    パロル舎のPR
    「猫、猫、猫、猫、猫、猫、猫。どこを見ても猫ばかり。いつもの角を曲がったら、そこは夢現・無限のめまい町。ノスタルジックでモダーンなイラスト紀行。」

  • 散歩するときにいつもと違う方向から景色を眺めると全く違う街のように見えることが自分もあるので、想像できる。それを景色の裏側(上下左右前後があべこべな四次元の宇宙)と呼んでいるのが面白かった。

  • 金井田英津子氏の絵が素晴らしい。

  • 旅、散文。猫ばかりがいる町に一瞬迷い込む。日常の世界を裏側にはもうひとつの世界がある。どちらが真実の世界か、誰にもわからない。

  •  北越地方の温泉に長く滞留している、著者自身を思わせる「私」は、軽便鉄道に乗って繁華なU町へとしばしば出かけていた。ある日、軽便鉄道を途中下車し、徒歩でU町へと赴こうとした私は、村人から聞いた特異な部落「憑き村」のことを思案しながら歩くうちに道をなくし、彷徨のあげくに「猫ばかりの住んでる町、猫が人間の姿をして、街路に群集している町」にたどりつく。
     詩人として知られる著者が描く、「狐に化かされる」散文詩風小説(ロマン)。どことなく面妖で、それでいて著者の狂気をギリギリのところで現実に引き戻す役割をしている、イラストの版画が秀逸。

  • 怪しさに満ち溢れ、造本も素晴らしい。「冥途」を早く出してくれ。

  • 錯覚された宇宙は、猫に化かされた人が見るのか。理知の常識する目が見るのか。そもそも形而上の実在世界は、景色の裏側にあるのか表にあるのか。だれもまた、おそらくこの謎を解答できない。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

萩原朔太郎
1886(明治19)年11月1日群馬県前橋市生まれ。父は開業医。旧制前橋中学時代より短歌で活躍。旧制第五、第六高等学校いずれも中退。上京し慶応大学予科に入学するが半年で退学。マンドリン、ギターを愛好し音楽家を志ざす。挫折し前橋に帰郷した1913年、北原白秋主宰の詩歌誌『朱欒』で詩壇デビュー。同誌の新進詩人・室生犀星と生涯にわたる親交を結ぶ。山村暮鳥を加え人魚詩社を結成、機関誌『卓上噴水』を発行。1916年、犀星と詩誌『感情』を創刊。1917年第1詩集『月に吠える』を刊行し、詩壇における地位を確立する。1925年上京し、東京に定住。詩作のみならずアフォリズム、詩論、古典詩歌論、エッセイ、文明評論、小説など多方面で活躍し、詩人批評家の先駆者となった。1942年5月11日没。

「2022年 『詩人はすべて宿命である』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×