ねことテルと王女さま

制作 : レナード ワイスガード  Clyde Robert Bulla  Leonard Weisgard  あんどう のりこ 
  • 長崎出版
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (54ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860955472

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤・黒・ターコイズブルーの三色刷り印刷の色遣いの美しさに惚れこみました!さすが、レナード・ワイズガード!!彼の挿絵にハズレなし!!
    ストーリーも、とてもかわいらしかった。額にハートの印を持って生まれたネコ。生まれてすぐ捨てられたネコは居場所を求めて放浪し、苦労して生き延びながら町へ。画家を志していた、靴屋で働く青年テルの元に落ち着いたときは、よかったね~とホッ。
    ネコとの出会いをきっかけに絵への情熱を取り戻し、部屋の壁いっぱいにネコの絵を描いてしまうテル。(これがなかなかに壮観な壁画。)互いに幸せな日々が続くのだが…ところがネコ、悪い煙突掃除屋に誘拐され、行方をくらましてしまうのだ。ネコをブラシにして煙突掃除ってどうなの!?と憤慨ものですよこれは。
    それでもネコは思いがけない形で王女様のところに転がり込み、2月のバレンタインパレードがきっかけで、これまた思いがけない出会いが生まれる。古典的な展開ではあるけど、心洗われます。額のハート、バレンタイン…てことで、現題のThe Valentine Catの方が個人的にはしっくりくるかな。

  • まあ、物語自体はどうってことない。
    画家と王女の恋愛ものにしなかったのはよかった。そうなってたら甘ったるくて耐えられなかっただろう。
    この本はとにかく絵が素晴らしい。猫はかわいいが、現実の猫の可愛さがよくあらわれていて、決してデフォルメした可愛さではない。
    王女がとりわけ美人ではない(でも上品で、本当にいそうな感じ)のもいい。
    これをたった3色で描いているワイスガードの力に感心。
    タイトルはちょっと覚えにくく、印象に残らない。
    原題(The Valentine Cat)に近い方がよかったんじゃない?
    せっかくヴァレンタインの日に(2013年2月14日)に出版してるんだし。
    原書をインテリアとして飾っておきたい、というような本。

  • 靴屋で働く若者テルは、画家になる夢をあきらめていたが、かわいい子ねこと出会い、絵を描く喜びを思い出す。ところが、ある日、ねこが煙突掃除屋にさらわれて…。ねことテルの運命は? 最後はもちろんめでたしめでたし。ワイスガードの美しい絵がおはなしを何倍も面白くしてくれます。

  • 画家を夢見ながらも生活のために靴屋で働くテルは、額にハート型の模様のある子猫を拾い飼い始める。部屋中の壁に、猫を描いて楽しく満足して暮していたが、ある日猫がいなくなってしまう。

    ハートの子猫が運んできた幸運、テルの夢がかなう暖かいお話。
    バレンタインデーのころに紹介するのも良いかも。

  • 額のハート模様が可愛い。。。

    長崎出版のPR
    「心優しい青年テルが、額にハートの模様がある小さなネコを拾います。
    幸せに暮らしていたのもつかの間、ある日ネコが行方不明に。
    煙突掃除の男につかまり、働かされていたのです。
    王女様に助けられたネコは、パレードの最中に逃げ出してテルのもとに帰るのですが・・・。」

全5件中 1 - 5件を表示

ねことテルと王女さまのその他の作品

クライド・ロバートブラの作品

ツイートする